2018/01/17

「仙台の珍談奇談」田村 昭

51xppmhfscl__sx348_bo1204203200_

「仙台の珍談奇談」
田村 昭 (編集) 2003/9 出版社: 宝文堂; 改訂6版 単行本: 104ページ

「郷土人としての仙台の珍談奇談 (2)」
田村 昭 (編集) 1995 出版社: 宝文堂 単行本: 109ページ

「仙台の珍談奇談 (3)」
田村 昭 (編集) 1993 出版社: 宝文堂 単行本: 67ページ
No.4107~9★☆☆

1)仙台のボランティア観光ガイドの研修を受けていると言ったら、家族が探してくれた本。あれ、一度くらいは目にしたはずだが、当ブログにはメモしていなかったようだ。まぁ、とうブログとの整合性はあまり高くない。前回はパスしてしまったのだろう。

2)今回においても、決して長期間耽溺するような本でもなさそうだ。むしろこういう本に引っかかり引っかかりしているからこそ、当ブログの深化は遅いのだ、と反省さえしている。

3)そうは言っても、いずれはまたこれらの一連のお話しに戻るやもしれない。そのためにも、ここにメモだけ残しておく。

4)どうもこれらのシリーズに一本筋が通っていないものを感じる。いや、一本筋はある。つまり「仙台」と「珍談奇談」だ。仙台はまぁ、いいだろう。仙台に住んでいるのだし、もっと足元の仙台を知ってやろう、とするのは当然のことだ。

5)しかるに、「珍談奇談」に拘泥する気は今はない。史実として興味深いことにはキチンと注目しておきたいが、珍しいとか、奇妙だ、というだけでは、長逗留は禁物だ。もちろん、「仙台」にしても、エスノセントリズムで、変な自慢話に拘泥するだけなら、御勘弁願いたい。

6)されど、出版年からして、地元の小さな出版社が、少部数の本を出版し続けて、その文化活動を支えようという志には、座布団を一枚差し向けたい。資料的な価値、というだけでは資料としては残らないこともある。おもしろおかしく記録するところに、やがていずれは誠の花が咲く、ということもあるやもしれない。

7)今回は、冷やかし半分の通りすがりだったが、いずれもっとまともな遭遇を願いたいシリーズである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「坐禅和讃」 Osho 白隠禅師を語る<3>

<2>からつづく 

Photo
「坐禅和讃」 Osho 白隠禅師を語る<3>
スワミ・プレム・ラジヤ/ スワミ・アナンド・ヴィラーゴ/訳 1990/3 瞑想社

1)なかなかいいですね、この一冊。前回、この本に触れたのはわずか数か月前だった。あれからずっと手元において眺めている。短くて、コンパクトで、ズバリの一冊。

2)坐禅和讃なんていうと、なんだかカミシモを着たような、窮屈な感じがするが、実際は、OSHOは白隠の瞑想の歌、と紹介している。その程度のものだ。

3)特殊な翻訳者による特殊な翻訳をしているが、今となっては、むしろこのくらい「クセ」があってもいい。雑味のない、濾過され過ぎた透明感より、色とりどりの景色が見えるような文章もいいもんだ。

4)この本、どこのどの部分がいい、という問題ではなく、全部いい。抜き書きなど必要ない。今となっては、瞑想の歌よりも、座禅和讃がよくなっているともいえるし、いや瞑想の歌もいい、と思える。バイリンガルだ。どっちもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/15

「仙台藩ものがたり」河北新報社編集局<2>

<1>からつづく

51g7gzcek8l
「仙台藩ものがたり」
河北新報社編集局 (編集) 2002/06 単行本: 240ページ
★★★★☆

1)かつて若い20歳前後の時は、北山五山の一角である資福寺・覚範寺の境内裏手に住んでいたこともあり、その五山の名刹・輪王寺で坐禅を組んでいた。インドから帰ってきて、輪王寺を訪れた時、私にはその境内が「血塗られた」ような臭いがしたような気がして、近づけなくなった。

2)その後、瞑想会の仲間である僧侶にさそわれたりして、若林・林香院、青葉区・活牛寺、あるいは名取・慶蔵院などで指導を受けた。旅の先々で一食一泊の恩義にあずかったお寺さんの思い出も多い。現在は、名取の秀麓齋の指導を受けている。

3)年末に、縁があって、北山・輪王寺を訪ねた。坐禅の時間にはちょっと早かったせいもあり、連れもあったので、庭園を散歩するだけにとどまったが、その印象は実に一変したものだった。40数年間にこれほどの手が入れられ、さらに歴史を重ねておられることに頭が下がる思いだった。

4)名取市観光物産協会指導による名取市観光ボランティアガイド研修終了とほぼ同時に、仙台市観光国際協会主催による観光ボランティアガイド研修にも参加している。過日は、観光ルーブルバスを利用した、市内実地研修だった。

5)瑞鳳殿、青葉城、大崎八幡神社の先輩ガイドの指導を仰ぎ、ガイドされる側の身になって、仙台という町を眺めてみた。貴重な体験ではあったが、この三つの史跡が伊達藩ゆかり、まだに伊達政宗抜きには語れないことに愕然とした。

6)本来どこかさけてきた道筋である。血なまぐさい、政治の、経済の、荒々しい世界とは距離を置いておきたいという気持ちとは裏腹に、最近は、いやいや今こそはそこを通っていかなければ、何事もできないぞ、という気持ちも湧いてきた。

7)この本は、伊達藩、ではなく仙台藩と銘打っているあたりに、どこか複眼的で、広角な視野をもって、私たちの地元に光を当ててくれる。決して私たちの日常の生活圏にとどまらない「仙台藩」の広域性を教える。山形、福島、岩手をはじめ東北一円はもとより、北海道、関東、京都、九州、朝鮮半島、欧州・スペインにまで、史実をもとに詳しい縁付けをする。

8)このガイドブックを基に、視野を広げていくことはもちろんできるが、逆に言えば広過ぎて、はてさて、夢の道筋に眠りこけてしまうのではないか、とさえ思えてくる。逆に、もう少し焦点をしぼり、自らの足元から、次に歩むべき道を見つけなければならない。

9)いくつかの視点は定まった。だがこの本は2002年に出た本であり、2011年の3・11の出来事は盛り込まれていない。あの災害があればこそ、いまふたたび問い直されなければならない点も多い。

10)古代から現代、未来にむけての時代の流れの中で、たどたどしいながら、いくつかのミッシングリンクを手繰り寄せながら、つたない一人旅がつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/14

「Discover Japan 」 京都の定番

51agwr0uovl
「Discover Japan (ディスカバー・ジャパン)」 京都の定番
ディスカバージャパン編集部 (編集) 2015/10 出版社: エイ出版社; 2015年 10月号 月刊版雑誌
No.4106★★★

1)若い時、時間もあり、あちこち旅した時は、神社仏閣は年取ってからにしよう、と後回しにしていた。なるほど年を取ってみると、神社仏閣に関心は高まってきたが、時間もなければ、旅をする機会も減った。なかなか日本全国の神社仏閣をお気軽に探訪するわけにもいかない。しかたがないので、雑誌や本でも見てみるか。

2)最近は結構テレビの録画機能を使って、深夜番組や裏番組を見る事が多い。神社仏閣や京都というキーワードで録画しておく。それをあとからゆっくり見るのである。これがなかなか面白い。

3)数年前に比べたら、結構知識も増えてきた。知識というほどでもないが、感覚と言うか、あらすじと言うか、大枠がだんだん見えてきた。これをもうすこし続けてみよう、と思う。

4)ただ、基本的にはどうも納得いかないことがある。そもそもが神社仏閣そのものに究極の関心があるわけではないし、京都が大好きだ、というわけでもない。何が私をしてひきつけるのか。そこんとこを知るために、もうすこし探訪してみよう。

5)この号、ちょっとだけど、松島についてのページもあった。ほっとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲド戦記」 アニメ版 DVD <2>宮崎吾朗監督

<1>からつづく

4959241981042
「ゲド戦記」 <2>
岡田准一(OKADA JUNICHI)/手嶌葵(TESHIMA AOI)/菅原文太(SUGAWARA BUNTA) 宮崎吾朗(MIYAZAKI GORO) 2007/07/04 ウォルト・ディズニー・ジャパン DVD 115分
★★★☆☆

1)正月特番の録画していたリストの中から再生してみる。前回DVDでみたのはすでに6年前。印象はいくらか変わっただろうか。

2)率直にいって、予備知識ほとんどなしにいきなり見たら、それなりに面白いと思う。いつものことだが、この手を映画は最後までなかなか見切れない。ほとんど15分くらいのところで、気分が別なところに行く。

3)この映画、約2時間だから、まぁ前半1時間ほど見たのだから、わが評価としては上々であろう。それなりに面白かった。だが、後半は持続しなかった。もうひとつなにかもっと展開があってもいいんじゃなかろうか。こじんまりとまとまりすぎたかな。

4)ふだんはこじんまりとまとまった作品が好きなはずなのに、またまた変なことを言う。

5)巨大な作品群を作り続ける作家の息子であるという立場は、どんなものだろう。息子の立場で作った作品はそう多くなさそうだ。まったく無名で終わる人もいるなかで、七光りを得て、日の目を見る作品を作れたのだから、それはそれでいいのか。

6)龍と、聖なる老人と。そのモチーフだけですでに意味あるストーリーが生まれてきそうだが、そこに魔法とか魔女とか刀とか、定番のアイテムを絡ませる。そして、そこから何なんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

「若者がうらやましがる老人になってやろう」帯津 良一

5193n6ghkpl
「若者がうらやましがる老人になってやろう」
帯津 良一 (著) 2017/12 出版社: 海竜社 新書: 240ページ
No.4105★☆☆

1)オビツ病院とか、オビツ先生とか、知る人ぞ知る名医の誉れある方と存じてはいたが、今回初めてその方に触れる。まずは貝原益軒の著書から始まる流れだが、最初の最初っから、深みがありながらも、すっかりくつろいだ一冊だ。

2)この本のタイトルはおそらく編集者がマーケットを考えてつけてくれたものであろうが、本の骨子としては、そのテーマは間違ってはいない。その通りだ。だが、私は、若者がうらやましがる老人になってやろう、という言葉自体は好きではない。

3)自らを「老人」と規定し、そこに「若者」を対峙させる。あまりに露骨すぎるなぁ。当ブログのアクセス数の稼ぎ頭「ぼけたらあかん長生きしなはれ」天牛将富の唄には賛同する。

勝ったらあかん負けなはれ
いづれお世話になる身なら
若いもんには花持たせ
一歩さがってゆずりなさい

というセリフの逆説的な痛快な感性のほうが好きかも。

4)老人になったら、大事なものは、生活費、健康、いきがい、だという。納得。生涯を通じて、私の生活費は、もうこれで十分という時代はちっともなかったが、人生なにごと60点主義、ちょっと足らないくらいがちょうどいい。女房殿には不評だが、まずは、まずまずの生活費を得れることに努力しよう。

5)健康も、若い時代に余命半年を宣告されながら、なんと還暦まで生き延びたこの体。生きてるだけで丸儲けの根性で、生き抜こう。無病息災ならぬ、一病息災でいいではないか。健康一本やりの居士たちが、意外と短命だったりする。ぬるぬると、なんとか元気だけは維持していこうじゃないか。

6)いきがい。これがもっとも大事だな。これもまた、実はけっこうそのヒントをつかんでいる気がする。ライフワークと言えるほどではないにせよ、そのことに自分の人生がすべて詰まっているような、そんな何かがつかめるといいな。

7)この本、書き手が医学博士とやらだから、かなりあらたまって読み始めた一冊だが、ちっとも肩の凝るところはなかった。かなりの自然体だ。酒や性についても、かなりおおらかな自説をお持ちの方だ。学ぶこと多し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

「軽トラの本」沢村 慎太朗

51rvjuhb2l
「軽トラの本」
沢村 慎太朗 (著) 2017/05 出版社: 三栄書房 単行本 192ページ
No.4104★★★

1)自分のドライバー歴はそれなりに長い。一番最初にハンドルを握ったのは中学生時代だ。我が家に初めにやってきた日産子会社、愛知機械工業の軽トラ・コニー。続いて、ホンダの軽トラTN360が来た。これが私が最初に運転したクルマ。もっとも中学生で自動車免許は取得できない。無免許ではあるが、自宅から地続きの広い農地を走る分には、免許は必ずしも必要とはされなかった(はず)。

2)いとこの女子高生なんか、まもなくの卒業にひかえて自動車教習所に通っていたが、中学生の私のところに、運転を習いにきたもんだ。(エヘン)

3)しかし、実際に私が免許を取ったのは成人して何年も経過してから。十代からサイクリングやヒッチハイクで日本を何周もしてきた自分にとっては、時代のモータリゼーションは無視できない、感謝の対象でしかなかったが、公害などの環境問題に微妙に心動かされ、素直に自動車を運転しようとは思えない時期が長かったのだ。

4)はてさてこの本「軽トラの本」ときた。これまた無駄なトリビアなテーマかな、と思いつつ、自動車というもの、戦後というものを考える時、これまた軽トラの歴史は重要なファクターだったのかも、と思い直した。

5)3・11直後、図書館がダメージを受けて、本など読めない期間が続いていたが、数か月後には図書館も部分的にオープンになった。そのころの雑誌「現代農業」の特集に、軽トラを7~8台並べた比較記事があった。その号まで、軽トラなんて、どれも同じだろう、とタカをくくっていた。

6)しかし、実は、あの同じようなサイズと形状の中に、大きな違いがあったのである。登坂能力、回転半径、リンゴ農家向き、漁師向き、平地の農作業向き、林業用。3・11直後のドサクサの中で眺めたあの特集号を、いずれ再点検しようと思っていたが、この単行本で、そんなことを思い出すことになった。

7)現在は、各社あった軽トラモデルは、淘汰されて、OEMで供給される体制が作られており、スズキ・キャリー、ダイハツ・ハイゼットの二強に続く、ホンダのアクティ。この三台に絞られているという。

8)あれ、スバルのサンバーは? と聞けば、いまやサンバーは生産停止となり、いまやダイハツ・ハイゼットのOEMで供給されているのだとか。軽トラ全般を紹介している本ではあるが、この本の面白いところは、このスバル・サンバーを突出して賞賛しているところ。

9)スバル・サンバーには、実は軽トラ宅配便・赤帽という大口で特殊な顧客があったのだ。この赤帽モデルが、スバル・サンバーを、他の軽トラから一気に引き離して、特殊なクルマへと進化させた。この物語ストーリーが面白い。スバル360の開発秘話に匹敵するほどの圧巻だ。

10)閑話休題。話は変わるが、最近こんなことがあった。ある知人が山の方に住んでいる。務める会社があるわけでもないし、親戚が近くにあるとも聞いていない。大型商業施設があるわけではないのに、なんでまたこのような「不便」ところの賃貸住宅を選んで住んでいるのだろう、といぶかっていた。

11)道も狭いし、彼たちのセンスからすると、もうちょっと街中でもいいのではないか。ずっとそう思っていた。しかし先日、あらためて、リビング側に入らせてもらって、その理由がはっきり分かった。彼らは眺望を買っていたのだ。

12)彼らを訪ねるには、私は山に登っていく、という感覚しかない。慣れない、ちょっと曲がりくねった細い道をハラハラしながら登っていくのは、あまり得手ではない。しかし、彼らは、まったく反対方向を見ていたのだ。彼らのリビングからは広い広い太平洋に面した街並みがすべて見渡せることができるのだ。これには驚いた。

13)全く反対方向に目的があったのだ。私は山を見、彼らは海を見ていた。いやはや、ウロコから目が、いや目からウロコがはがれる思いだった。こちら側からの勝手な判断で決めつけてはいけないのだ。反対側から見直す必要があるのだ。

14)「軽トラの本」。この本を開いて、この<反対側の視点>のことを思った。軽トラは、私にとってはどれもこれも似通った、やたらとチープな小じんまりとしたクルマにしか見えていなかった。しかし、私がもし軽トラのヘビー・ユーザーとなって、視点を変えてみたら、これまでの一般論では理解できなかった世界が開けてくるかもしれないぞ。

15)この頃では、軽トラを改造して、DIYでキャンピングカーを作ろう、という動きがある。私は、あんなちっちゃいクルマ、なんだかなぁ、と批判的だったが、いやいやどうして、いろいろ調べて、<反対側の視点>を持ち得たら、ひょっとすると、私もそのDIYキャンピングカー作りにハマるかもな、なんて思い始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

「ラスト サムライ」監督: エドワード・ズウィック

71fkb7uzsul__sl1000_
「ラスト サムライ」出演: トム・クルーズ, 渡辺謙, 真田広之, 小雪, ティモシー・スポール 監督: エドワード・ズウィック  販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ 2003年のアメリカ映画 形式: DVD 時間: 154 分
No.4103★☆☆

1)当ブログにおいてはこの映画のストーリー云々は、あまり大きな話題ではない。フィクションとか、映画とかは、ある種どうでもいいのだ。ただ、大きな括りにおけるサムライというものの捉え方に問題がある。

2)もし、禅をテーマとするなら、おそらくサムライは一度は研究しておかなければならない。しかるに、当ブログにおいては、戦いとか、殺し合いとかは、興味はないのだ。できれば避けて通りたい。無関係でありたい。できるなら、それで一貫したい。

3)しかし、そうはいかんだろう。禅が禅であるために。禅がサムライと、どんな繋がりがあるというのか。どんなゲシュタルトを結んでいるのか。そこんとこ、じっくり、これから潜行していかずばなるまい。

4)当ブログにおける、感情移入できるサムライや刀は、藤沢周平の小説に登場する、江戸時代の下級武士の、町道場の竹刀裁き等レベルに拘泥したままだ。それ以上の、戦いとか、命のやり取りとかは、必要ない。

5)されど、それに比するものを際立たせる意味において、その図地は、おのずと必要とされるに違いないのだ。

6)ヨロイ、カブト、シロ、カタナ、ブシ、サムライ、ブシドウ・・・・・。本来通るべき道をより明確にするために、反語として、これらを視野に入れなくてはならない時期が来ている。避けて通るために、あえて、直視する。

7)本当に、それらを、直視できるか。そこんとこが、当ブログにとっての、課題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

「2001年宇宙の旅」監督: スタンリー・キューブリック 

<※※>からつづく

71lzet125l__sl1500_
「2001年宇宙の旅」 
監督: スタンリー・キューブリック キア・デュリア (出演),‎    ゲイリー・ロックウッド (出演), 1968年制作アメリカ映画 形式: DVD 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ 時間: 148 分
★ 

1)1978年インドで見て以来、何度も見ている映画なのだが、またまた見てしまった。正月特別番組の放映。何度も何度も見ているはずなのに、なんだか画像が新鮮。ひょっとするとこのバージョンは、リニューアルされたものかもしれない。

2)そして、眠くなる。寝てしまうのだ。

3)この映画、これまで何度みたことだろう。何回見ても飽きない。いつかまた見るだろう。DVDも持っているので、見ようとするなら、すぐ見れるが、この放送で見たバージョンのほうが目新しく感じるのはなんでだろう。

4)実に今日的な課題になりつつある。HALの反乱。AIが熱く語られる今日、「スターウォーズ」の最新版なんかより、この50年前に作られた映画のほうがはるかに今日的課題を提示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コンフォルト」 2018年2月号 特集:祈りの場所をつくる

Photo

「コンフォルト」 2018年2月号 特集:祈りの場所をつくる
出版社: 建築資料研究社 2018/01  雑誌 梱包サイズ:  30 x 23.5 x 1 cm 隔月刊版
No.4102★ 

1)近くに新しいブックストアができた。近隣では最も大きいかもしれない。本だけじゃなく、映像や小物、その他のグッズが集合された施設だが、それでも書店の部分だけでも相当に大きい。

2)いまさら書店巡りも飽きてはいるのだが、この正月にオープンした施設ならば、見ておきたい。話題のひとつには加えておきたいからなぁ。だけど、特段に欲しい本もない。あっても、せいぜい店頭でパラパラとめくって終わりだ。表紙を見て回って、それで終わり。

3)でも、それって、なんだか寂しい。そんなに枯れてしまったのか。この世はそんなに魅力のない世界になってしまったのか。なにか、一冊ぐらいは、これは欲しい、と思うような本があってもいいのではないか。

4)そんな気持ちになって、広い店内をぶらぶらウォーキングしながら、見つけたのがこの一冊。隔月刊雑誌なれど、このような本が存在していたことさえ知らなかった。建築分野の本らしいが、一般には広く読まれてはいないだろう。

5)新店舗ゆえ、試打球をいろいろ打ってくる。その中の一冊だろう。そうそう売れる本ではないだろう。発行部数だって、そう多くはあるまい。それに、今回の特集は、バックナンバーの中でも異色なのではないか。

6)特集・祈りの場所をつくる。

7)自分の言葉に直せば、瞑想ルームをつくる、だ。もっとも瞑想ルームなんてのは、基本、空間があればいい。なるべく余計なものを排除して、広々とした空間があればいいのだ。だけど、それだけでいいのか。何かの「飾りつけ」は必要ないのか。

8)この本は、その問いに対する、それなりの答えを準備している。古臭く言えば、神棚であり、仏壇だ。それって、おそらく古い日本家屋ならほとんどどの家にもあった。いや、神棚や仏壇こそ、日本家屋を古臭く見せている原因だった、ということもできる。

9)神の在り方だって、ホトケの在り方だって、この現代社会では新しい存在様式を要求されている。すでに21世紀も20パーセントが過ぎようとしている。平成と言われる時代も、もうすぐ終わるのだ。現代的な、現代人に見合った、「祈り」の場が必要だろう。

10)それを「つくる」ヒントをこの本は、いくつか提示している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「間違いだらけのクルマ選び」2018年版<2>