2017/11/15

名取老女の伝説

 

23658631_1787051427973630_686729433

ようこそいらっしゃいました。  私の担当は名取老女伝説です。

名取老女の伝説

熊野神社 証誠殿(しょうしょうでん)の傍らに建つ 名取老女の宮

 名取の地に熊野三社を勧請したのは“名取老女”と言われ、次のような伝説が残っています。

 昔 、名取には、毎年紀州熊野に参詣する巫女がいました。しかし年老いて参拝できなくなり、付近に小さな熊野三社を建てお参りしていました。ある日、一人の山伏が老女を訪ねてきました。

 山伏は、「自分は奥州巡遊を志し、旅の安全祈願のため紀州熊野権現へ参拝して一夜のお篭をしたところ、「名取の老女を訪ねよ」というお告げがあり、目覚めると枕もとには、『みちとおし としもいつしかおいにけり おもいおこせよ われもわすれじ』と虫食いで記された一枚の梛(なぎ)の葉があったため持参した。」と話して、老女にその梛の葉を渡しました。

 名取の老女はたいへん感激し、自分が建てて毎日お参りしていた小社に山伏を案内しました。このことから老女の信心深い徳が広がり、保安年間(1120年代)現在の地に熊野三社が勧請されました。

 名取市観光物産協会HPより

 このお話は古くから能楽の題材としても奉納されており、近年では昨年国立能楽堂で「名取の老女」として公演され、今年もこの10月に名取文化会館において、人間国宝である梅若玄祥さんご一行により公演され、大変評判になりました。

 これから皆様をご案内する奥の院の一番左手側のお宮が名取老女が祀られております。この他、ゆかりの史跡が他にもありますので、御縁があれば、またの機会に名取老女ネットワークを回ってごらんになってはいかがでしょうか。

23621173_1787058371306269_143727662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

「2001年宇宙の旅」 アーサー・C・クラーク <3>

<2>からつづく

20011_2
「2001年宇宙の旅」 <3>
アーサー・C・クラーク (著),    伊藤 典夫 (翻訳) 1977/05 早坂書房 ハヤカワ文庫SF) 文庫  p270

2012/12/15 に公開 1979年3月30日(金)FM東京で放送されたラジオドラマ「音の本棚」のアンコール放送を録音したものです。 原作:アーサー・C・クラーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「把不住述懐」<16> 百句

<15>からつづく

 

Image

「把不住述懐」 地球人スピリット・ジャーナル・エッセンス版

<16>百句   目次   

  百句詠み春夏秋へそして冬   把不住

Img_4431

Img_4428

Img_4426

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「把不住述懐」 「地球人スピリット・ジャーナル」エッセンス版<15> ZENアート7年間の歩み

<14>からつづく

 

Image

「把不住述懐」 「地球人スピリット・ジャーナル」エッセンス版

<15>ZENアート7年間の歩み   目次

360

Img_06683_2

018

2500

800

190

500_2

Chik

7200

400

040

900_2

1300

026

Img_4074_2

Img_2506

Img_4248

Img_9875

       

Img_0735

100_2

Img_45542

Img_0248_2

Img_4052

Img_1503

Img_4395

Gh14

<16>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<3>

<2>からつづく 
91y2yceafyl_2
「美術手帖」更新を続ける21世紀の禅<2>
美術手帖編集部 (編集) 2016/10 美術出版社 雑誌 p211
★★★★★

 テック・アート・ZEN毫釐(ごおり)の差あれ天地一木   把不住

Img_4421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大日月地神示」神人<2>

<1>よりつづく

41r6vypqzzl__sx340_bo1204203200_
「大日月地神示」<2>
神人(かみひと)著 2016/10 新泉社 単行本: 376ページ

親愛なるL様

贈本いただいてから、3か月が経過してしまいました。
いずれ読めるチャンスが来るだろうと思っていましたが、いまだに来ません。
その間、他の友人のブログでの記事や、具体的にメールで勧めてくれる人等があって、再読のチャンスはあったのですが、第一印象がそれほど変わらず、おそらく、私のイメージはこのまま固定していくようです。

そして先日、たまたま例のMLMの業務停止命令の記事をみつけ、やっぱりなぁ、第一印象は変わらないな、と思ったところでした。

私をセミナーに誘った友人夫妻が現在どうなっているのか関心がないわけじゃないですが、そっとしておこうと思います。少なくとも私の問題ではないので。

さて、そのタイミングであの本のことも思い出したのですが、まったくもって読めなかったことを告白しておきます。次に書くことは、まったく私の個人的な立場なので、本全体の客観的評価ではないことを、まずはご了承ください。

1)私はひとりのマスターについてこの40年経過してきましたが、内面的な立脚点は、まったくそこからずれることなくきてしまいました。

2)私はそもそもマスターを持たないことをよしとしていたのですが、唯一そこに風穴を開けた存在だったので、まぁ、一生つきあってみようと思っています。

3)それは、ある意味恋愛の対象と同じで、世界には上には上があるのだから、一つにこだわる必要もないかもしれませんが、まぁ、私の人生においては唯一最高となります。

4)さらに、以前にも述べましたが、現在私は読書から不読へと進みつつある段階で、読むべき書物を制限しています。老眼の進み具合とも関係しています。

5)その中にあって、かの本は、読めません。8通りに読めるとかですが、おそらく私の意見では、どんな本でも8度読めば、必ず役に立ちます(いろいろな意味において)。

6)されど、この本は一度も読めませんでした。字面は一度最初から最後まで追いました。


7)文脈、語彙、対象、センス、意味、すべてにおいて、今の私にはひっかかりがありません。

8)おそらく、本一冊ではなく、他の要素が加わってこそ、この本の価値が浮かび上がってくるのでしょう。

9)が、今のところ、私にはその援護がありません。むしろ、マイナス要素が浮かび上がってきます。

10)細かいことは、自分でもまだ理解していないことを文字にしてしまうのは、ある意味不敬なので、表現しないでおきます。同じ時間を使うなら、私は他に何をするのか、が気になってきます。

今回はこの程度にしておきます。


飛び飛びではありますが、私は日々毎朝一時間の瞑想をしています
空いた時間は、拾った間伐材などで、仏像や能面を掘ったり、オブジェを作ったりしています。
日常の仕事は定年のない業務なので、生涯現役でやれるところまでやろうと思っています。
ただ、現状は日々低下しており、他になにか業務を拡大するなりする必要もあるかな、と悩み時です。
体もあまり活動的ではなくなってますが、大病はしていないので、なんとか日々やり過ごしています。

以上、せっかく贈本していただいたのに、返信のないままにしておいたことが気になっていました。
まずは、この程度のことの内容を今回の返信とさせてください。

そちらの皆さまがますますご健勝でありますように。冬に向かって、どうぞご自愛ください。

阿部清孝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOBBIT THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 監督: ピーター・ジャクソ

 

91grzcy1qwl__sl1500_
「ホビット 決戦のゆくえ」[DVD]
監督: ピーター・ジャクソ 出演: イアン・マッケラン, マーティン・フリーマン, リチャード・アーミティッジ, エバンジェリン・リリー, リー・ペイス 発売日 2015/12 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント DVD ディスク枚数: 1 時間144 分
No.4094★★★☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「曹洞宗経典」 貞昌院版

C5b88a57aa8111e6a5117cefadcea2b5_l
「曹洞宗経典」 貞昌院版
禅寺貞昌院(横浜市港南区上永谷) p93
No.4093★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

Osho: Glimpses of a Golden Childhood: Rebellious Flower: Full Movie: Hindi

Osho: Glimpses of a Golden Childhood: Rebellious Flower: Full Movie: Hindi

No.4092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幸運は、必ず朝に訪れる。」 枡野俊明

51dgjogjsgl
「幸運は、必ず朝に訪れる。」
枡野俊明   (著) 2016/12 出版社: 秀和システム 単行本: 224ページ
No.4091★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「別冊Discover Japan」 現代に活きる禅の力 <3>