2018/05/26

「スター・ウォーズ 禅の教え」 枡野 俊明 <6>

<5>からつづく

51tu7x1flml
「スター・ウォーズ 禅の教え」 エピソード4・5・6 <6>
枡野 俊明   (著) 2015/12出版社:  KADOKAWA 単行本: 191ページ

Img_6511

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/25

「アイ,ロボット」 アレックス・プロヤス監督<19>

<18>からつづく

51yxagegitl
「アイ,ロボット」 <19>
監督: アレックス・プロヤス  出演: ウィル・スミス, 他 2004年作品 DVD 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 時間: 115 分

★★★★★

Img_6466

Img_6465

Img_6469

Img_6474
Img_6485

Img_6489

Img_6502

Img_6498
つづく 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「禅の庭III」 枡野俊明作品集 2010~2017

A1e76obrzdl
「禅の庭III」 枡野俊明作品集 2010~2017
枡野 俊明   (著) 2017/11 毎日新聞出版 単行本 144ページ
No.4189★★★★★

Img_6505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

「スター・ウォーズ 禅の教え」 枡野 俊明 <5>

<4>からつづく

51tu7x1flml
「スター・ウォーズ 禅の教え」 エピソード4・5・6 <5>
枡野 俊明   (著) 2015/12出版社:  KADOKAWA 単行本: 191ページ

Img_6464

<6>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アイ,ロボット」 アレックス・プロヤス監督<18>

<17>からつづく

51yxagegitl
「アイ,ロボット」 <18>
監督: アレックス・プロヤス  出演: ウィル・スミス, 他 2004年作品 DVD 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 時間: 115 分
★★★★★

Img_6347

Img_6349

Img_6351

Img_6352

Img_6354

Img_6356

Img_6359

Img_6365

Img_6372

11_2
<19>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/23

「スター・ウォーズ 禅の教え」 枡野 俊明 <4>

<3>からつづく

51tu7x1flml
「スター・ウォーズ 禅の教え」 エピソード4・5・6 <4>
枡野 俊明   (著) 2015/12出版社:  KADOKAWA 単行本: 191ページ

Img_6367

枡野俊明関連リスト

「禅の庭」枡野俊明の世界 2003/10 毎日新聞社

「禅と禅芸術としての庭」 2008/04 毎日新聞社

「禅、シンプル生活のすすめ」 2009/06 三笠書房

「禅の庭Ⅱ」枡野俊明作品集2004-2009 2010/08 毎日新聞社

「禅の言葉」シンプルに生きるコツ2011/12 大和書房

「老いを超える生き方」禅的人生の英知2015/11 さくら舎

「スター・ウォーズ 禅の教え」エピソード4・5・6 2015/12  KADOKAWA 

「禅が教える 人生という山のくだり方」 2016/01 KADOKAWA

「リーダーの禅語」 2017/03  三笠書房

「禅の庭III」 枡野俊明作品集 2010~2017

「六〇歳から『生まれ変わる』禅の作法」2018/04毎日新聞出版

<5>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

「週刊ダイヤモンド」 11年ぶり大改定 保険を見直せ!<2>

<1>からつづく

51djt2lwxnl
「週刊ダイヤモンド」 11年ぶり大改定 保険を見直せ! <2>
2018/04 ダイヤモンド社 2018年 4/28・5/5 合併号 雑誌
★★☆☆☆

1)あまり公言すべきことでもないし、全体としてはそっとしておきたいことだが、のちのちの私自身のデータの記憶として、隠語を含めてメモしておく。

2)わが業界は、近年ポイント制を導入して地盤変動が起きている。業界自体のことについては、ネットにあふれている。ここでは私のことだけ書いておこう。

3)私個人のポイントは実に悲惨なものである。それは当然であろう。ポイントなんてのは、カード類も含めて、まったく無視しまくっている。そんなものはどうでもいい。この態度がどうやら、結果的にはマイナスに働いている。

4)されど、高齢化した同業同僚にとっても、私と似たり寄ったりだ。収入はどんどん減らされている。弱肉強食の業界に様変わりしている。One for All. All for Oneが建前のわが業界であったはずではないか。

5)強食に類するのは一部である。ごく一部のビジネスマインドに富んだ人材が、そういうシステムをつくり、その傘下に「しかたなく」トボトボと吸収されていく同業同僚がほとんどだ。

6)この期におよんで、わが社の選択すべきは三つ。①このままスタンドアロンで、独立性を保つ。⓶同業同僚数社とつるんで一業態に凝縮する。③巨大化をはかるネットワークに吸収される。

7)この数か月、わが社が巻き込まれていたのは⓶の合同合併の流れである。具体的な母胎となる業態があり、そこに参加し、あるいは同業同僚を複数誘って、さらに大きな流れを作ろうか、というプロジェクトである。

8)私はもともと①派である。されどせっかく熱がこもってきたので、積極的に業界のデータを集めて見た。実際に出向き、積極的わがデータも流出した。どこもそれぞれだった。どこがベストということはない。それぞれに長短がある。

9)結論としては、⓶はやっぱりダメであった。具体的に、それぞれの個別性があり、決定論ではないにせよ、私が参入のシュミレーションを試みた業態は、不可能だった。原因は、それぞれの個性。限界性。将来性。

10)この際、③のケースもだいぶ取材した。10年後には、そのうちのどれかにわが社も吸収されることになるのだろうか。

11)とにかく自助努力で、わが社は①でいく。BCP、LIFE、IT、キーワードはこの三つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プレムバヴェシュの孫たちとの対話」<72>坐禅会

<71>からつづく

1)一番小さな孫が、この春、幼稚園の年少さんになった。いろいろ新しい行事があって楽しいらしい。

2)先日、わが家にやってきて、床の間の前に座ったあと、何事かひとりでしゃべったことを奥さんが聞いていたらしい。「ようちえんで、ざぜんかいをやるんだ」。

3)ふーん、坐禅会か。「おかあさん座りして、手をパチンとするんだよ」

Img_6265_2

4)「ようちえんのとなりに、たてものがあって、その中でやるんだ。」

5)幼稚園の隣にあるのは、真言宗のお寺である。お寺が最初にあってその境内に幼稚園があとからできたのだが、幼い子供にとっては、幼稚園が先である。それにしても、お寺さんなら、何宗であっても、坐禅会というのだろうか。

Img_6280

6)わが子が小さい時は、お寺のことを「一休さんのおうち」と言っていたが、いまは一休さんは有名でないのだろうか。

7)幼児洗礼とか、幼稚園で教育勅語の暗唱をさせるなどは、行き過ぎの最たるものだが、寺院経営の幼稚園では、「ざぜんかい」のさわりなどをちょっとだけ体験させるのは、いいのかもしれない。

8)私は、小学校5年の時、「反省会」という名目で、教室で瞑想のてほどきを受けたものだった。その時はなんとも思わなかったが、成長してから、それは貴重な体験だったのだ、と、痛感した。

9)この孫にとって、その「ざぜんかい」体験は、どのような位置づけとなっていくのか楽しみだ。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

「アイ,ロボット」 アレックス・プロヤス監督<17>

<16>からつづく

51yxagegitl
「アイ,ロボット」 <17>
監督: アレックス・プロヤス  出演: ウィル・スミス, 他 2004年作品 DVD 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 時間: 115 分
★★★★★

Img_6285_2

<18>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「六〇歳から『生まれ変わる』禅の作法」枡野 俊明

81bufzgj2el
「六〇歳から『生まれ変わる』禅の作法」
枡野 俊明 (著) 2018/04 毎日新聞出版 単行本: 208ページ
No.4188★★★★★

1)この方の本はすでに10冊ほど目を通しているのではないか。そのうち追っかけリストを作ってやろう、と考えていたはずだが、まだ未作成である。

2)何故か? この方、1953年生まれで私と同じ学年である。禅僧であり、しかも曹洞宗という身近な道元禅の方であってみれば、親和性が深く、逆に追っかけするほどでもないか、と思ってしまうところがある。

3)「スター・ウォーズ 禅の教え」 (枡野 俊明 2015/12 KADOKAWA )は面白い。座右の書になりそうだ。

4)この書に書いてあることは、いちいちごもっとも、という感じ。正直目新しいところはない。まぁ、そこがいいのだが。

5)朝のウォーキング、朝粥、家庭菜園、観光ボランティア、メモを取る、町内会活動、お茶を淹れる、無理をしない、坐禅会に参加する、朝坐禅、葬式、戒名を考える。いちいちごもっともである。我がライフスタイルにも、ほとんど取り入れ済みである。

6)そもそも、禅とは、当たり前の生活を、丁寧に生き切ることである。当たり前のことがか書いてあるのは当然のことであろう。脚下照顧。足元をキチンと見直したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「アイ,ロボット」 アレックス・プロヤス監督<16>