カテゴリー「01)Mindfulness in the Modern World vol.5」の23件の記事

2017/08/22

SDGs


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「運慶と鎌倉仏像」霊験仏をめぐる旅 瀬谷貴之

71fecwpwnql
「運慶と鎌倉仏像」霊験仏をめぐる旅
瀬谷貴之(著) 2014/06 出版社: 平凡社 コロナ・ブックス 単行本:127ページ
No.4035★★★☆☆

1)運慶(うんけい、生年不詳 - 貞応2年12月11日(1224年1月3日))は、平安時代末期、鎌倉時代初期に活動した仏師。

2)秀麓斎に縁づいた場合、その曹洞禅に関わる命脈はともかくとして、天台宗、坂上田村麻呂、伊達家などの他に、ご本尊の作者が運慶と伝わるだけに、慶派の流れにもひととおりの目を配っておく必要がある。

3)当ブログは慶派のみ高しとするものではないが、その起こってきた成り立ちや後年の評価など、把握しておけば、背景としては厚みがでてくるところもあろう。

4)ただし枝葉末節に迷い出ることは本旨ではない。

5)より高くありがたい霊験を求める人々の心は、やがて薬師・釈迦・阿弥陀の三如来が癒合した前代未聞の三世仏を生み出すことになった。これこそ鎌倉仏信仰の集大成に位置づけられるものであり、鎌倉仏教巡礼の醍醐味ともいえよう。p115「霊験仏と運慶伝説の帰結はここに」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

伊達政宗教導の師 「虎哉宗乙」仙台開府四百年記念

Photo
伊達政宗教導の師「虎哉宗乙」仙台開府四百年記念
伊達篤郎 2001/04 仙台市立図書館所蔵 単行本グラビア誌 p96
No.4034★★★★★

夏風邪に床に伏しており偽把不住 把不住

Suzume2 0)雀の森2 1974/04 仙台市青葉区北山 資福寺・覚範寺裏「雀の森の物語」1974「時空間」8号より

1)虎哉宗乙(こさいそうおつ)。虎哉禅師菩提寺。享禄3(1530)年 ~ 慶長16年5月8日(1611/6/18)。伊達政宗の師。

2)伊達政宗 伊達家17代当主 永禄10年8月3日(1567/09/05)~寛永13(1636年)年5月24日卯の刻(午前6時)死去。享年70(満68歳没)。

3)伊達稙宗(だて たねむね)伊達家第14代当主。長享2(1488)年~永禄8(1565)年6月19日、丸森城にて死去。享年78。

4)雲居希膺(うんごきよう)(1582-1659) は、奥州松島瑞巌寺を中興したことで知られる臨済宗妙心寺派の禅僧。高徳清廉な人柄と念仏禅という独自の禅風をもって教化活動を行い、173か寺にものぼる寺院を開創・中興したと伝えられる。

5)雲居禅師の別室の跡、坐禅石など有
 
雲居禅師は、天正十年(1582)伊予国(現在の愛媛県)に生まれる。俗称小浜氏で、把不住軒を号す。仙台藩祖伊達政宗および子忠宗の二代にわたる招聘に応じ、政宗が没した寛永13年(1636)の八月、五十五歳の時に摂津・勝尾山から徒歩で来松。瑞巌円福禅寺九十九代住持となり中興開山した。万治二年(1659)、七十八歳で没。
   往生要歌  松島や雄島の海も極楽の池水と同じのりのみちのく 雲居和尚(「松島眺望集」)


 「別室の跡」は座禅堂、把不住軒と称されるお堂で、寛永14年(1637年)石巻の笹町元清が、雲居禅師の隠棲所として建てたもの。
「坐禅石」については由来、在処ともに不明。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

「仏教の大意」 鈴木 大拙

81vrlflqfl
「仏教の大意」
鈴木 大拙 (著) 2017/01 中央公論新社 (中公クラシックス)   新書 132ページ
No.4034★★★☆☆

干し梅の果肉に包まれ偽把不住  把不住

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

「道元」その探求と悟りの足跡<5>

<4>よりつづく

41lcs3jfgml__sl500_
「道元」その探求と悟りの足跡<5>
OSHO スワミ・アンタール・ガータサンサ翻訳 1992/11 出版社: 和尚エンタープライズジャパン  (OEJ books)  単行本  472ページ


1)不思議な仏縁により、ふたたび三たび、この本に触れることができたことを喜びに思う。そして、ゆっくりと、日々の瞑想の中に読み進めることができたことに、OSHOと、家族と周囲への感謝に堪えない。さらには、このDOGENなくしては、我がブログ「現代世界におけるマインドフルネス5」の新しいカテゴリがスタートしなかっただろうことを思うと、その計り知れない存在からの計らいを感じるほどである。

2)不思議さをすべて書き留めておくことは無理だが、いくつかのエピソードだけ記しておくことにする。

3)わが瞑想ルームの仏像にはお手本があった。

Img_9875
4)この春から、以前より機会があったらと思っていた禅院に縁ができ、参禅していたところ、新しくできた別院に、新しいご本尊が安置されることになった。

Zen1_2
5)それを制作された仏師の方が、実は、私がお手本としていた教則本の著者だったのである。

Sya_2

6)この仏師の方が彫られた釈迦如来坐像が安置された。

Img_1202
Img_1199
Img_11923
7)この8月に入魂開眼供養が執り行われる予定。またこの方の弟子にあたる歌手秋川雅史氏の制作となる音韻観音立像も本寺に奉納され、ご本人の公演も9月に予定されている。

Img_1005

Img_1003

8)一陣の禅風が吹き盂蘭盆会 把不住

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生きる」 監督: 黒澤明

71rejzfokl__sl1441_
「生きる」
監督: 黒澤明 出演: 志村喬, 小田切みき, 伊藤雄之助, 小堀誠, 金子信雄 発売日 2015/02 販売元: 東宝 DVD 143分 1952年作品
No.4033

勝てません三つ子相手の縁台将棋 把不住

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/14

「禅 ZEN」 高橋伴明監督<3>

<2>からつづく
Img_4613

「禅 ZEN」 <3>
高橋伴明「禅ZEN」製作委員会 2008 アミューズソフトエンタテインメント DVD 127分

一陣の禅風吹いて盂蘭盆会   把不住

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/12

「臨済録」<4>OSHO

<3>からつづく 

Imgeab78c6czikazj
「臨済録」<4>
OSHO (著) アナンド・モンジュ(訳) 1993/11 出版社: めるくまーる 単行本 282ページ

眼(まなこ)明け両手を広げて立つ案山子  把不住

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/08

「大日月地神示」神人

41r6vypqzzl__sx340_bo1204203200_
「大日月地神示」
神人(かみひと)著 2016/10 新泉社 単行本: 376ページ
No.4032

喝一喝台風一過呵々大笑 把不住

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/07

Haiku 009

七夕に飾る本来無一物 把不住

Img_1564

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

01)Mindfulness in the Modern World vol.5 | 02)現代世界におけるマインドフルネス4 | 03)現代世界におけるマインドフルネス3 | 04)現代世界におけるマインドフルネス2 | 05)Mindfulness in the Modern World | 06)イノヴェイション | 07)FinTech | 08)Oh my Love | 09)把不住 | 10)すべてがムダであることについて | 11)じゃこうねずみ | 12)ねぇ、ムーミン | 13)ボタニカル・スピリチュアリティ | 14)空と緑 | 15)Zorba The Buddha | 16)Yahman Osho | 17)絆の都 | 18)さすらいの夏休み | 19)コンシャス・マルチチュード | 20)来たるべき地球人スピリット | 21)無窮のアリア | 22)時の葦舟 | 23)46億年目の地球 | 24)Meditation in the Marketplace5 | 25)Meditation in the Marketplace4 | 26)Meditation in the Marketplace3 | 27)Meditation in the Marketplace2 | 28)Meditation in the Marketplace1 | 29)プロジェクト567 | 30)プレムバヴェシュの孫たちとの対話 | 31)地球人スピリット宣言草稿 | 32)センダード2011 | 33)3.11後を生きる | 34)3.11天地人 | 35)森の生活 | 36)メタコンシャス 意識を意識する | 37)No Books No Blogs | 38)No Earth No Humanity | 39)One Earth One Humanity | 40)ブッタ達の心理学3.0 | 41)私は誰か | 42)クラウドソーシング | 43)地球人として生きる | 44)表現からアートへ | 45)意識とは何か | 46)ブッタ達の心理学2.0