« イーシャ・ウパニシャッド存在の鼓動 <1> | トップページ | 中論 »

2009/06/30

ディヤン・スートラ

ディヤン・スートラ
「ディヤン・スートラ」 瞑想の道
OSHO /マ・アナンド・ムグダ 2000/08 市民出版社 単行本 316p
Vol.2 No.692★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆

 この本を読む読者は、何を求めて、何のためにこの本を読むことになったのか、それぞれであろう。読む立場からそれぞれ理解されればいいことだが、この本はやはり60年代末と思われる時期に、インドの大衆を前にして語られた講話であり、瞑想キャンプの初期的指導である、ということは押さえておく必要があるだろう。

 真理を知ることは、大いなる祝福だ---だが、それに対する渇望を抱くことも、同じくらい大いなる祝福なのだ。たとえ、それを成就しなくても構わない。だが、この渇きを経験したことがまったくないとしたら、実に不幸なことだ。p9「瞑想の土台」

 この本のタイトルは「ディヤン・スートラ」、瞑想の道、だ。本当に瞑想しようと思う人、本当にOshoの指導を受けようと思う人なら、この本にまさる本も少ない。純粋に素直に、いろいろな挟雑音を排して、この本一冊に賭けてみる価値はある。そして、本当にこの本一冊に賭けることができるとすれば、その瞑想者は、すでに祝福されている、と言える。

|

« イーシャ・ウパニシャッド存在の鼓動 <1> | トップページ | 中論 »

48)意識とは何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディヤン・スートラ:

« イーシャ・ウパニシャッド存在の鼓動 <1> | トップページ | 中論 »