« 私が愛した本<37> 革命家のための金言 | トップページ | 『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する<2> »

2009/08/02

Man and Superman

Man_superman

「Man and Superman」 a comedy and a philosophy
by George Bernard Shaw : with introduction and notes by Y. Okakura (Kenkyusha English classics =
研究社英文學叢書) 出版者 Tokyo : Kenkyusha 出版年 1922(大正11年) /02 大きさ xix, 294 p.
Vol.2 No744★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆

 「革命家のための金言(Maxims for Revolutionaries)」 を探して、この本を手にとってみたが、目的のものはなかった。どうやらペンギン版の中に収録されているようなので、さっそく、そちらもリクエストした。

 それにしても、この本、大正11年発行である。しおりのようにに挟まれていたのが昭和27年の学生さんの図書館借覧票。なんともレトロである。

 Oshoに言わせれば、バーナード・ショーが恋した少女がアニー・ベサントだった、ということになり、こちらも、なんともレトロなセピア色のクラシック・ラブストーリーが立ちのぼってくる。

|

« 私が愛した本<37> 革命家のための金言 | トップページ | 『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する<2> »

48)意識とは何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Man and Superman:

« 私が愛した本<37> 革命家のための金言 | トップページ | 『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する<2> »