« LIVE ZEN | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<3> »

2010/03/17

バージ・ゴヴィンダム・ムードゥ・マテ アディ・シャンカラチャリヤ OSHO「私が愛した本」<60>

<59>からつづく    
Photo  
「私が愛した本」 <60
OSHO /スワミ・パリトーショ 1992/12 和尚エンタープライズジャパン 単行本 269p

「バージ・ゴヴィンダム・ムードゥ・マテ」アディ・シャンカラチャリヤ
 
 
6番目---これこそは私がいつも話そうと思ってきた本だ。英語での朝の講話の予定にさえのぼっている。私はそれについてヒンディ語で話したことがあるし、それも翻訳されることがあるかも知れない。その本はシャンカラチャリヤによるものだ。現在のシャンカラチャリヤと呼ばれているあの馬鹿ではなく、アディ・シャンカラチャリヤ、始祖の方だ。

 この本は1000年を経ており、小さな歌でしかない。「バージ・ゴヴィンダム・ムードゥ・マテ---おお、白痴よ・・・・・」。さて、デヴァギート、注意して聴きなさい。私はお前に言っているのではない。これはこの本のタイトルだ。「バージ・ゴヴィンダム---主の歌を歌え---ムードゥ・マテ、おお、白痴よ、主の歌を歌え」。だが白痴たちは聴かない。白痴たちは決して誰の言うことも聴かない。彼らはつんぼだ。たとえ聞いたとしても、彼らは理解しない。彼らは知恵遅れだ。たとえ理解できたとしても彼らはそれに従わない。そして従わない限り、理解には意味がない。理解とは、実行によって証明されてこそ、初めての理解だ。

 シャンカラチャリヤはたくさんの本を書いたが、そのどれも、この歌「バージ・ゴヴィンダム・ムードゥ・マテ」ほどすばらしくはない。私はこのわずか3つか4つの言葉についてたくさん、ほとんど300ページにもわたって話している・・・・・だが私が、どんなに歌を歌うのが好きかはお前たちが知っている。機会さえあれば、私は終わることなく歌い続けるだろう。だがここでは、とりあえずこの本に触れておきたかった。OSHO「私が愛した本」 p220

<61>につづく 

|

« LIVE ZEN | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<3> »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バージ・ゴヴィンダム・ムードゥ・マテ アディ・シャンカラチャリヤ OSHO「私が愛した本」<60>:

« LIVE ZEN | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<3> »