« ダライ・ラマ 実践の書 | トップページ | インテグラル・スピリチュアリティ <6> »

2010/03/23

ディヴァン ミルザ・ガリブ OSHO「私が愛した本」<65>

<64>からつづく    
Photo  
「私が愛した本」 <65
OSHO /スワミ・パリトーショ 1992/12 和尚エンタープライズジャパン 単行本 269p

「ディヴァン」ミルザ・ガリブ
 
 
10番目、ミルザ・ガリブ、最大のウルドゥ詩人だ・・・・しかも、ただ最大のウルドゥ詩人であるだけでなく、おそらく世界のどんな言語にも、彼と比肩できるような詩人はいないだろう。彼の本は「ディヴァン」と呼ばれている---「ディヴァン」とは、単に詩集という意味だ。ミルザ・ガリブを読むのはむずかしいが、少しでも努力できるなら、途方もなく得るところがある。

 それはあたかも、詩の一行一行が一冊の本を含んでいるようなものだ。そしてそれこそがウルドゥ語のすばらしいところだ。他のどんな言語もそれほど小さな空間にそれほど大きなものを含めることはできないと私は言おう。たたの二行でまるまる一冊の本を含むに十分だ。まさに魔法だ! ミルザ・ガリブはウルドゥ語の魔術師だ。OSHO「私が愛した本」 p242

<66>につづく

|

« ダライ・ラマ 実践の書 | トップページ | インテグラル・スピリチュアリティ <6> »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディヴァン ミルザ・ガリブ OSHO「私が愛した本」<65>:

« ダライ・ラマ 実践の書 | トップページ | インテグラル・スピリチュアリティ <6> »