« HYAKUJO ; The Everest of Zen | トップページ | バガヴァッド・ギーター<5> »

2010/03/29

コメンタリー モーリス・ニコル OSHO「私が愛した本」<66>

<65>からつづく    
Photo  
「私が愛した本」 <66
OSHO /スワミ・パリトーショ 1992/12 和尚エンタープライズジャパン 単行本 269p

「コメンタリー」モーリス・ニコル
 
 
6番目・・・・6番目の本はふたたび「コメンタリー」と呼ばれる。モーリス・ニコルによる5巻本の大変な作品だ。(中略)

 ニコルはグルジェフの弟子だった。しかもウスペンスキーと違って、彼は決して裏切らなかった。彼はユダではなかった。グルジェフが最後の息を引き取るまで、そして息を引き取ってからも真の弟子だった。ニコルの「コメンタリー」は膨大だ。あれを読んだ者など誰もいないと思う。何千ページもある・・・・・しかしその面倒をあえて厭わないなら、大いに益するところがある。私の意見では、ニコルの「コメンタリー」は、この世の最上の本のひとつに数えられるべきものだと思う。Osho「私が愛した本」 p146

<67>につづく

|

« HYAKUJO ; The Everest of Zen | トップページ | バガヴァッド・ギーター<5> »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメンタリー モーリス・ニコル OSHO「私が愛した本」<66>:

« HYAKUJO ; The Everest of Zen | トップページ | バガヴァッド・ギーター<5> »