« DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment | トップページ | NANSEN : The Point Of Departure »

2010/03/28

インテグラル・スピリチュアリティ<7>

<6>よりつづく  
インテグラル・スピリチュアリティ
「インテグラル・スピリチュアリティ」 <7>
ケン・ウィルバー /松永太郎 春秋社 2008/02 単行本 469p

 偉大なる叡智の伝統は、良い解決策を提供している。たとえば3000年前のチャクラ・システムから始まっている。それは虹の色を使う方法である。それはいつも自然な秩序で並んでいる。「レッド」「イエロー」「オレンジ」「グリーン」「ターコイス」「ブルー」「インディゴ」「ヴァイオレット」・・・・・チャクラそれ自体、「レッド」から始まり、「イエロー」へ上昇し、「グリーン」「ブルー」「パープル」、そして透明な光の虚空(清浄光)」(クリアーライト)へ消えていく。

 ナンバーや名前を使うのに加え、私は、この古代の伝統である虹の色をY軸に用いる。それは山の高度としての発達していくレベルである。図2.4に私はそれぞれ特定の発達ラインを示しておいた。認知のラインでは、ビアジェを低次に、マイケル・コモンズとフランシス・リチャードを中間段階に、オーロビンドを高次においた。  p102

Photo

 チャクラという考え自体、決して科学的な取り組みにでもないし、色としてとらえることも、必らずしも主流ではない。ここで、あえてウィルバーがこのようにとらえたということは、メモしておく必要がある。そして、これらの色に対するコンセプティングを抑えておかないと、ある時点からウィルバーは読めなくなる。
Photo_2

<8>につづく

|

« DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment | トップページ | NANSEN : The Point Of Departure »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテグラル・スピリチュアリティ<7>:

« DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment | トップページ | NANSEN : The Point Of Departure »