« The Zen Manifesto; Freedom from Oneself <10> | トップページ | 精神の哲学・肉体の哲学 »

2010/04/03

バガヴァッド・ギーター<6>

<5>よりつづく
バガヴァッド・ギーター
「バガヴァッド・ギーター」 <6>
鎧淳 2008/03 講談社  文庫 275p

 いま、この時期、自分が自分のために読んで聞かせたい本として選ぶとするなら、この本が最右翼として登場することだろう。季節は春を迎え、内なる衝動が揺動する。怖気づく自分を奮い立たせ、いざ、新たなる内なる道へと進みゆかん。

 第一章

 ドリタラーシュトラ王は訊ねました。

 聖なる大地、クルの野に、戦わんとして蝟集せるわが殿ばらと、パーンドゥの徒は、なにをかなせる、サンジャヤよ。

 サンジャヤは答えました。

 ときに、ドゥルヨーダナ王は、パーンドゥ勢の布陣したのを見て、ただちに、師父(=ドローナ)のもとに歩み寄り、次のように申しました。

 「師よ、ご覧あれ、ドゥルパダの子、御身の賢しき教え子により布陣されたる、これなるパーンドゥの子らの大軍を。

 そなたには、いくさの園でビーマ王、アルジュナ王子にもならぶ、名うての弓取り、猛き武士ユユダーナやヴィラータ王、また大将軍なるドゥルパダ王、

 ドリシュタケートゥ、チェーキターナ、勇猛果敢なカーシー国王、プルジット、クンティポージャ、無双の弓取りシビ国王、

 勇猛無双のユダーマンユ、勇猛果敢なウッタマウジャス、またスバドラー妃の王子や、ドラウパディー妃の王子たち、いずれも由々しき大将軍なる。

 さて、われらがうちの名だたる面々、わが軍勢の将士たち、そを知り給え、バラモンよ。ちなみに、そを御身に告げ申さん。

 御身と、ビーシュマ、カルナ王、一騎当千クリパ王、アシュヴァッターマンにヴィカルナ王、加えて、それにソーマダッタの子、

 その上、さらに、さまざまな武器を押っ取り、わがために、身命惜しまぬ数多の精兵、いずれも百戦錬磨なる。

 ビシューマにより護らるる、これなるわれらが軍は無勢。片や、ビーマ王により護らるる、あれなるかれらの軍は多勢なり。

 されば、あらゆる駆け引きに、もち場、もち場に踏み止まり、御身の方はみなこぞり、ビーシュマをのみ護り給え」。

 彼の猛き心を奮い立たせつ、クルの長老、武威かくれなき大伯父(=ビーシュマ)は、獅子吼して、高らかにほら貝を吹き鳴らしました。p28

<7>につづく

 

|

« The Zen Manifesto; Freedom from Oneself <10> | トップページ | 精神の哲学・肉体の哲学 »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バガヴァッド・ギーター<6>:

« The Zen Manifesto; Freedom from Oneself <10> | トップページ | 精神の哲学・肉体の哲学 »