« ISAN: No Footprints in the Blue Sky | トップページ | シヴァ・ブリ・ババ ベネット OSHO「私が愛した本」<71> »

2010/04/02

私の愛するインド 輝ける黄金の断章 <2>

<1>よりつづく

India2_2 「私の愛するインド」 輝ける黄金の断章<2>
OSHO /スワミ・プレム・グンジャ 1999/11 市民出版社 単行本 257p
★★★★★

 インドに偉大な神秘家がいた。ファリッドだ。誰かが彼に金の鋏を献上した。非常に高価で、ダイヤモンドが散りばめられていた。一人の弟子が師に何かプレゼントをと思い、それが稀にみる芸術品だった。しかしファリッドは言った。

 「その鋏じゃ何もできんよ。私に何かをと思うなら針に糸だ。なぜなら私は、ものとものを繋ぎ合わせる愛の行者だからな」

 ファリッドは、カビールやナナク、そして他の人々と同時代の人だ。
 私は彼が好きだ。
 彼の歌の中で、彼は自分をファリダと呼ぶ。
 彼は常に自分に向かって話しかけるが、決して自分以外の人には話しかけない。
 彼はいつもこのように始める。
「ファリダ、聞いているか。ファリダ、起きるんだ! ファリダ、これをやれ、あれをしろ!」

 ヒンドゥー語で、ファリッドの名前を用いるのは礼儀にかなっているが、ファリダの名前を用いるのは礼儀にかなっていない。そのような呼び方は、人が召使いを呼ぶ時だけだ。ファリッドは自らをファリダと呼ぶ。それは彼がマスターだから---肉体が召使いだからだ。

 ファリダは本を書かなかったが、彼の歌は弟子達によって書き留められた。
 彼の歌は途方もなく美しい。
 だが、パンジャブ語で歌われたものを聞かなくてはだめだ。
 彼はパンジャブに住んだ。
 彼の歌はパンジャブ語のものだ。本当に心を沁みる歌だ。
 パンジャブ語で歌われたファリッドの歌を聴いたなら、
 あなたのハートは変容し始める。
OSHO p210 

|

« ISAN: No Footprints in the Blue Sky | トップページ | シヴァ・ブリ・ババ ベネット OSHO「私が愛した本」<71> »

43)ブッタ達の心理学3.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の愛するインド 輝ける黄金の断章 <2>:

« ISAN: No Footprints in the Blue Sky | トップページ | シヴァ・ブリ・ババ ベネット OSHO「私が愛した本」<71> »