« 随(かんながら)神―意識の扉を開く鍵― | トップページ | 預言者 The Prophet »

2010/06/04

出口王仁三郎の霊界からの警告

Photo_3
「出口王仁三郎の霊界からの警告」 発禁予言書に示された、破局と再生の大真相
武田 崇元 (著) 1983/12  光文社 カッパ・ホームス 237p
Vol.3 No.0042☆☆☆☆

 脱線次いでにこれもメモしておこう。

 王仁三郎自身、奇妙なことをいっている。自分は「偽者」だというのである。それは、彼が政治家・床次竹二郎の弟、真広に渡した遺書である。

 「いま、大本にあらはれし、変性女子はニセモノじゃ、誠の女子があらはれて、やがて尻尾が見えるだろ。女子の身魂を立て直し、根本改造しなくては、誠の道は何時までもひらくによしなし。さればとて此れにまさりし候補者を、物色しても見当たらぬ。時節を待ちていたならば、何れあらはれ来るだろう。美濃か尾張の国の中、まことの女子が知れたなら、もう大本も駄目だろう。前途を見越して尻からげ、一足お先に参りましょ。皆さんあとからゆっくりと、目がさめたなら出てきなよ。盲千人その中の、一人の目明きが気をつける。ああかむながら、かむながら、かなはんからたまらない、一人お先へ左様なら」
1983年版 p201~2

 この部分は、1993年光文社発行・文庫「究極版」からは削除されているようだ。

 ところで、当ブログ、ここいらで少し画面の色調を変えていこうと思う。いままでは、チベットの密教僧たちとの波動の調和を意識して、マルーン色に統一していたが、これからは、大白色同胞団にチューニングするため、読みにくいが、限りなく「」へ向かおうと思う。

|

« 随(かんながら)神―意識の扉を開く鍵― | トップページ | 預言者 The Prophet »

42)One Earth One Humanity」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出口王仁三郎の霊界からの警告:

« 随(かんながら)神―意識の扉を開く鍵― | トップページ | 預言者 The Prophet »