« 「ザ・メディテーション」 メンタル・アドベンチャー・マガジン 1977/10 - 1979/04 <1> | トップページ | 虚構の時代の果て―オウムと世界最終戦争 »

2011/01/14

神秘家の道<17>

<16>よりつづく
神秘家の道
「神秘家の道」 <17> 珠玉の質疑応答録
OSHO/スワミ・パリトーショ 2009/03 市民出版社 単行本 884p

 ブッダム・シャラナム・ガッチャミはいつも、宣言されないがそこにあった。それは起こっていた。それを言う必要がなかった。

 マスターと共にあることは、「ブッダム・シャラナム・ガッチャミ」以外に道はない。私は目覚めたる人の足元にひれ伏します。このような謙虚さのなかでのみ、あなたはマスターの経験と彼の人生の一部となる。「サンガム・シャラナム・ガッチャミ」は、アメリカのコミューンでは破壊されなかった。コミューンは破壊されるが、スートラを破壊することはできない。

 あなたがマスターを愛したら、あなたのマスターを愛する人たちのすべてを愛さないわけにはいかない。そうせずにはいられない。あなたはマスターを選んだ、他の誰かもマスターを選んだ。突然あなたは、あなた方が二人とも同じ道にあり、同じマスター、同じエネルギーでつながっていることに気づく。コミューンは物理的なものとしては破壊し得るが、精神的な内容としては破壊できない。Osho p625 「その名は愛、しかしそのゲームは政治」

 だから何も破壊されてはいない。そして概念が破壊されることは不可能だ。あなた方が数人ここにいるだけで、それはサンガになる。それは同じ道を行く仲間の集まりになる。同じマスターへのあなた方の愛は、不思議な種類の結束を作り出す。あなた方は直接お互いに関係していないが、互いに私を通して関係している。あなた方はときどき直接には衝突するが、私を通してはあなた方は衝突できない。私はあなた方の衝突を中和するだろう。

 ダンマム・シャラナム・ガッチャミ----これはこのスートラの最後の部分だ。これは私たちの探究、私たちを捜すものだ。ダンマムとは真理、究極の真理という意味だ。最初の二つのステップは、ただあなたを三つ目へと助けるためのものだ。Osho p626「その名は愛、しかしそのゲームは政治」

 そのワークは誰が行っても同じだ。それがダンマム・シャラナム・ガッチャミ、真実を知りたい、真実になりたいという渇望だ。

 人間はもし彼の存在の中にこの渇望がなければ、正真正銘の人間ではない。Osho p627 「その名は愛、しかしそのゲームは政治」

 私は全世界が豊かになって欲しい。
 私はこれを最後に、東洋と西洋についての考えを取り除きたい。
 私のヴィジョンでは、世界は一つだ。

 私たちはこの振り子を止めるべきだ。そしてこの振り子を止める唯一の方法は、瞑想を西洋に広めることだ----だが東洋を忘れないように。東洋にも瞑想を広めなさい。それが唯一の、東西を結びつける要因であり、霊的な成長だから。さもなければ、彼らは日に夜をついで、永遠に動き続けるだろう。

 私の見るところでは、世界の半分は何らかの点で人類の半分を表わす。もし、古いやり方に従うなら、同じ分裂が続くだろう。そして同じ変化があるだろう。しかし私は、ゾルバ・ザ・ブッダについて話している。

 私は瞑想的だが、富に反対ではない、霊的な成長には賛成だが、貧困が霊性であるとは思わない世界、人間について話している。貧困は単に貧困だ。そして、二つの世界が一緒に存在できるなら、なぜ一緒に両方の世界を持たないのかね? なぜ選ぶのかね?

 私は快適に暮らしてきた---私は人生で何もしたことがない---しかし、それは私の瞑想を妨げていない。私は権威を持って語ろう。あなたは、快適さと瞑想に生きることができる。

 瞑想は内側の快適さだ。そして、快適さは外側の瞑想だ。それらを一つにしなさい。外側で完全に自己実現し、内側で完全に満ち足りている人は、完全な人間だ。完全な人下以下では、人類の更なる進化のための助けにはならないだろう。 Osho p661 「私のヴィジョンは全体だ」

<18>につづく

|

« 「ザ・メディテーション」 メンタル・アドベンチャー・マガジン 1977/10 - 1979/04 <1> | トップページ | 虚構の時代の果て―オウムと世界最終戦争 »

39)メタコンシャス 意識を意識する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神秘家の道<17>:

« 「ザ・メディテーション」 メンタル・アドベンチャー・マガジン 1977/10 - 1979/04 <1> | トップページ | 虚構の時代の果て―オウムと世界最終戦争 »