« 写真集 自然農に生きる人たち 耕さなくてもいいんだよ | トップページ | コミュニティビジネス入門 地域市民の社会的事業 »

2011/02/15

新しいレムリア シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ

【送料無料】新しいレムリア
「新しいレムリア」 シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ
オレリア・ルイーズ・ジョーンズ/片岡佳子 2009/04 太陽出版 単行本 317p
vol.3 No.0256 ★★★☆☆

 「レムリアの真実、「レムリアの叡智」につづく、第3段。とても関心はあるのだが、どうもいまいち読み込めない。翻訳が悪いとか、タイミングがあってないとかの問題ではなさそうだ。それこそチャネリングできない。なにかが違う。決定的に違う。そう思いながらも、何か後ろ髪惹かれる気分。

 この本の関係者と、山を散策したことがある。初夏のすがすがしい季節だった。植物の葉の形をしたきれいなちいさな湖があり、森の中に密かにたたずんでいる。あのクリアさは、かのシャスタ山に通じるものがあるという。

 私には、アメリカに渡って、シャスタ山にまで行くチャンスは、もうないだろう。そこまでの動機もないし、力もない。ただ、なんとも惹かれるのは、きっと私の過去生に要因があるのだと思う。そのことについては私なりに分かっている。

 今、「山の椒エコビレッジ」という新しいムーブメントに参加しつつある。ふと考えてみると、この地から、あの山が、はるか遠方に見えるのである。そう、まさに、この本の表紙のように。

 あのレムリアの記憶は、今、このような形で再現されつつあるのではないか。あのクリアさ。あのサイレンス。この本の細かい表現は、私の言語体系からは外れている。ひとつひとつ、問い直ししなければ、読みとおせない。だが、そこにあるトーンには、同調することができる。

|

« 写真集 自然農に生きる人たち 耕さなくてもいいんだよ | トップページ | コミュニティビジネス入門 地域市民の社会的事業 »

39)メタコンシャス 意識を意識する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいレムリア シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ:

« 写真集 自然農に生きる人たち 耕さなくてもいいんだよ | トップページ | コミュニティビジネス入門 地域市民の社会的事業 »