« 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<25>意識とは何かカテゴリについて | トップページ | 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<26>表現からアートへカテゴリについて »

2011/11/03

銀河鉄道の夜,風の又三郎,ポラーノの広場 ほか3編 <1>

Ginga
「銀河鉄道の夜,風の又三郎,ポラーノの広場 ほか3編」 <1>
宮沢 賢治 (著), 天沢 退二郎 (編さん) 1971/07 講談社文庫 文庫: 392p
Vol.3 No.0515★★★★★

1)賢治の手書き原稿の写しをみながら、「銀河鉄道の夜」を読む。

2)なんだか天文台に行きたくなり、さっそくプラネタリウムのお姉さんの声にうっとり、秋の夜空の散歩を楽しんだ。

3)お手軽な天体望遠鏡や、岩石コレクションのサンプルなどがあり、なかなか賢治ワールドと繋がる部分が多いことに納得。

4)後日、センダードを取り巻く、高速の環状線を一回り。約45分の旅だ。また次の日は、逆回りにセンダードをグルグル廻る。一人でに荒井由美の「中央フリーウェイ」が口からでてくる。

5)賢治の「銀河鉄道の夜」は黄泉の世界につながる夜空の旅だ。

6)弟の清六は骨董とかは好きでなかったという。プラスチックとかガラスなどの方が好きだったらしい。和樹の林風舎も、決して「松の林の小さな小屋」ではない。賢治をも、決して清貧主義の素朴さの中に落とし込めてはいけないだろう。

7)「センダード2012」は、明るく、楽しく、透明で、しかも、もっともっと未来的であっていいはずだ。

<2>につづく

|

« 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<25>意識とは何かカテゴリについて | トップページ | 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<26>表現からアートへカテゴリについて »

36)3.11後を生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道の夜,風の又三郎,ポラーノの広場 ほか3編 <1>:

« 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<25>意識とは何かカテゴリについて | トップページ | 地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<26>表現からアートへカテゴリについて »