« 地球人スピリット宣言草稿<19>プロジェクト567 | トップページ | 地球人スピリット宣言草稿<20>エコビレッジ »

2012/01/25

プロフェット(予言者)<9> ジブラーン 小林薫訳 悩める若者におくる現代の聖書 --子について--

 

Photo
「プロフェット(予言者)」<9>
ジブラーン (著)小林薫(翻訳) 1972/06 ごま書房 単行本 228p 
★★★★★

 

 「子について」

 

つぎに、嬰児を胸に抱いたひとりの女が、子どもについてお話くださいとアル=ムスタファ―に問うた。
アル=ムスタファ―は、こう答えた。

 

あなたの子は、あなたの子ではなく、
大いなる生命の希求の息子であり、娘である。
あなたを経て現れてきても、あなたから生まれたのではない。
あなたともにいても、あなたに属するものではない。
あなたの愛を与えることはできても、あなたの考えを与えることはできない。
子どもは自らの考えを持つのだから。
その身体を住まわすことはあっても、その魂までも住まわすことはできない。
子どもの魂は、あなたが夢にも訪れることのできない、明日の館に住んでいるのだから。
子どもらのようになろうと努めるのはいいとしても、子どもらをあなたのようにしようとしてはいけない。
生は、後ろには歩まず、昨日を待つことはないのだから。
あなたは弓であり、あなたの子は、その弓から生きた矢として放たれるものである。
この弓を射る大いなる人は、無限の道の上にある標的を見、大いなる力であなたを曲げたわめ、その矢を速く遠く行かせようとする。
この弓射る人の手で、あなたが曲げたわめられることを、喜びとせよ。
なぜなら、大いなる弓射る人は、飛ぶ矢を愛するごとく、落ち着いたゆるぎない弓をも愛するのだから。

p43「---子について----」


 
<10>につづく

|

« 地球人スピリット宣言草稿<19>プロジェクト567 | トップページ | 地球人スピリット宣言草稿<20>エコビレッジ »

34)地球人スピリット宣言草稿」カテゴリの記事

コメント

ジブラーンが当ブログの人気記事ランキングに顔を出すことはめずらしい。ましてや、この「子について」など、初めてだろう。
ジブラーンはどれほど読まれているだろう。派手さはないが、実に広い読者層を保持している。そこに漂う普遍性は、もはや古典ともいうべき品格を持っている。
このジブラーンをOshoが語った「The Messiah」も興味深い一冊である。
http://terran108.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/the-messiah.html

投稿: Bhavesh | 2018/08/31 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/43864533

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェット(予言者)<9> ジブラーン 小林薫訳 悩める若者におくる現代の聖書 --子について--:

« 地球人スピリット宣言草稿<19>プロジェクト567 | トップページ | 地球人スピリット宣言草稿<20>エコビレッジ »