« 地球人スピリット宣言草稿<29>THE FOOL、デクノボー、あるいは不用の用 | トップページ | プロメテウスの罠 原始村に住む 福島川内村 漠原人 朝日新聞<1> »

2012/02/07

The Messiah<9>Osho on Kahlil Gilbran's the Prophet

<8>よりつづく 

Themessiah1
「The Messiah」 Commentaries by Osho on Kahlil Gilbran's the Prophet, Volume 1<9>
Osho (Author) 1987/09 Publisher: Osho Intl; Paperback: 496 pages Language: English
★★★★★

 そもそもジブラン「プロフェット」は、全体としては、一番面白いのは「序章 船来る」と「終章 別れ」である。この部分だけでひとつの物語になるであろうし、この部分なくしては「プロフェット」にはならなかっただろう。Oshoの講話もかなりの時間がこの部分について語られている。

 つづく、「愛について」、「結婚について」、「子について」などあたりまでは、Oshoの舌鋒も穏やかなものだが、「与えることについて」、「飲み食いについて」、「働くことについて」などに至ると、かなりジブラン批判が強くなる。そして「歓びと悲しみについて」に至ると、もう全否定とまでいうほどの勢いである。

Kahlil Gibran cannot be consistent, because he is a great poet –but only a poet; he is not a mystic.
He has not seen the reality in its totality. He has not experienced himself, his own individuality.
Osho p282 pdf190p

 科学者であり、芸術家であり、神秘家である、というのが、ひとつの「NEW MAN」の姿だが、ジブランが「詩人」であるだけでは、Oshoにとっては不足である。

There is beauty in the words, poetry in the expression, but there is no profundity of meaning. This statement is true only for those who are fast asleep and unconscious. The statement is not true; it simply shows your sleepiness, your unconsciousness. Osho p282 pdf190p

 Oshoがこの時期、ジブランを講話の材料に選んだのにはそれなりの訳があった。

In one of the very important statements of Friedrich Nietzsche... and it is well to remember Friedrich Nietzsche at this moment because Kahlil Gibran was impressed by Friedrich Nietzsche more than by anybody else. In fact, he wrote the book, THE PROPHET under the influence of Friedrich Nietzsche’s book, THUS SPAKE ZARATHUSTRA.Osho p282 pdf190p

 「Osho、ニーチェを語る」に繋がる部分であるし、当ブログが今後、この「Messiah」の次に読み込もうとしているZarathustra: A God That Can Danceや「Zarathustra: The Laughing Prophet」に繋がる部分である。

Christ is the Greek translation of the word Messiah. And of course, the followers became known as Christians. Otherwise, Jesus was born a Jew , lived a Jew , died a Jew . Two great Jews... strange mysteries of existence... had to come to a land where there were no other Jews. And it was good;
otherwise they would have been crucified.
Osho p286 pdf193p

 そもそも、このジブランの「プロフェット」を講話するにおいて、なぜにOshoは自らの講話を「メサイア」としたのであったのだろうか。

If Kahlil Gibran had been in the East, he would have touched the same heights of consciousness as any Lao Tzu, as any Bodhidharma. And he was more articulate than Gautam Buddha or Mahavira. If he had touched all those heights and remained on them, he would have been the greatest man on the earth, because neither Buddha has that poetry nor anybody else. But they know the truth.Osho p289 pdf194p

 ジブランに対して手厳しいととるべきだろうか。ジブランに対する新しい可能性をみている、というべきだろうか。

Kahlil Gibran was never a disciple. Hence, he has no understanding of many things which only disciples can have. He was never a master so he is not aware of the total truth. He was never a mystic. He was only a great poet. And I have chosen him for my commentaries so that I can show you – don’t be deceived by beautiful words. Always look inside, whether they contain anything. Don’t be bothered by the containers –the containers can be very beautiful, very aesthetic, and inside? There is nothing but darkness and emptiness.Osho p294 pdf198p

 ふむふむ、なるほどね。

The heart is a sacred shrine. Knock on the doors of the heart only in moments when your mind feels that it is beyond its capacity.

But not a single time does he mention, ”Look into your being.” He is not even aware of it, that all profound truths and secrets are not contained in the heart.

There will come a moment when even the heart cannot help you.

Then Kahlil Gibran has no answer for you.

But I have an answer.

Then, go beyond the heart. Look into your own being.Osho p294 pdf198p

 当ブログが、結局は読書ブログとしてジブランの「プロフェット」に収束し、そこからさらに図地反転しようとしている理由は、この辺に存在している。

<10>につづく

|

« 地球人スピリット宣言草稿<29>THE FOOL、デクノボー、あるいは不用の用 | トップページ | プロメテウスの罠 原始村に住む 福島川内村 漠原人 朝日新聞<1> »

34)地球人スピリット宣言草稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/44015877

この記事へのトラックバック一覧です: The Messiah<9>Osho on Kahlil Gilbran's the Prophet:

« 地球人スピリット宣言草稿<29>THE FOOL、デクノボー、あるいは不用の用 | トップページ | プロメテウスの罠 原始村に住む 福島川内村 漠原人 朝日新聞<1> »