« 歴史としての3・11 河出書房新社編集部編 | トップページ | チベット密教瞑想入門<3>  ソナム・ギャルツェン・ゴンタ »

2012/04/28

プロジェクト567 <7>ムーからの龍の最大限の助力

<6>からつづく 

「プロジェクト567」 

<7>ムーからの龍の最大限の助力

 そもそも、プロジェクト567の、最初的意味は、自分が56歳と7ヵ月になった時を一つの人生のピークと認め、その時あたりまで、自分の本来の道すじをつくっておこう、ということである。その頃に一体何が起こるのか、よくよく見ておいてやろう、というのは、すでに数十年前からの自分の計画であった。

 それほど多くのことはできないが、30代以降は、常に、最低でもひとつのボランティア活動をしようと思ってきていたが、数年まえからそれらもフェードアウトし、より静かな状態に持っていっていた。

 時あたかも、その567の時を迎え、それからの半年の間に7つのキーワードをつかまえることができた。そのピークが、3・11となった。

 個的に言えば、3・11はアトランティスの滅亡と繋がっている。その当時、波にのまれた私は、ムーからやってきた龍と言葉を交わしている。

 あの時、預言されていたことが今、起きているのである。あるいは、この時を迎えるためにこそ、今回の生があったとさえいえる。今回のことがなかったら、この生はすこし間の抜けたものになっていただろう。

 567というタイミングに、東北、センダード2011に生きている、という時間と空間。私は、これを良しとする。全てが終わったとか、価値の転換だとか、いう必要は感じない。むしろ、この時、ここで、このことを生きるために、今回のこの生があったのだ、と、納得できる。

 さて、アトランティスでの預言が今回、時間軸と空間軸、という意味では成就された。しかし、残り後半、ムーからやってきた龍との約束、その時こそ、最大限の助力をするだろう、という、そのこと、そのことはどうなっているのだろう。

 そのことについては、個的には、すこしづつ、あるいはかなり分かってきている。しかし、形にして表現すべき時はまだやってきていない。いずれ、一人でに姿を現すだろう。

 プロジェクト567の6番目のキーワードに、ホワイトターラーがやってきて、「チベット密教瞑想入門」をそれに対応する一冊として選んだのも、それなりに訳がある。

 いわゆるシンボルとしてのムーは、シャンバラやアガルタと繋がりがある。この繋がりを説く鍵を、チベット密教、即ち、タントラが保持している。

 タントラとZENは、当ブログにおける、大きな柱である。

 1から7までがあってこその4なのであるが、プロジェクト567と言い慣わす限り、どうしても、1~3や、4と比較した場合、どうしても567のほうが重くなる。このことは、当ブログの前期的区分け、コンテナ、コンテンツ、コンシャスネスの3コン論と繋がりがあるようだ。

 コンテナ、コンテンツに比較して、どうしても、コンシャスネスのほうの重きが大きくなってくるようだ。しかし、そうであってはいけない。OSHO ZEN TAROT追っかけの最後のカード「SHARING」にあるように、4にいよう、ということはすでに決意していることである。

 7冊目として選んだ「宮沢賢治祈りのことば」に感じる物足りなさ。3・11を象徴し、全てを包含するには、その懐具合が、無限に広い、というわけではない。直感するに、あの「3・11オムニバス本」のスカ本たちが、何事かの滋養を与えてくれるだろう。煩悩なくして菩提なし、枯れ葉の腐食した肥料の滋養分が無いことには、花身はつかないのである。

 プロジェクト567、今、7から、新たなる1へ、オクターブをあげよう。

<8>へつづく 

|

« 歴史としての3・11 河出書房新社編集部編 | トップページ | チベット密教瞑想入門<3>  ソナム・ギャルツェン・ゴンタ »

32)プロジェクト567」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト567 <7>ムーからの龍の最大限の助力:

« 歴史としての3・11 河出書房新社編集部編 | トップページ | チベット密教瞑想入門<3>  ソナム・ギャルツェン・ゴンタ »