« 狼森と笊森、盗森 宮沢賢治・作 片山健・絵 ミキハウスの本 | トップページ | いちょうの実 宮沢賢治・作 及川賢治・絵 ミキハウスの絵本 »

2012/04/05

ツェねずみ 宮沢賢治・作 石井聖岳・絵 ミキハウスの絵本


「ツェねずみ」 ミキハウスの絵本
宮沢賢治/石井聖岳 2009/10 三起商行 絵本 1冊
Vol.3 No.0641★★★★★

 イソップ物語にでも出てきそうなお話し。ねずみとねずみ取りが交際を始めるなんて、いかにも賢治らしい設定だが、それまでの過程が過程だけに、しかたない。

 賢治の世界には、悪者がたくさん登場するが、いずれも憎めない。悪者とされてはいるけれど、それは、私たち人間のだれもがもっている煩悩である。その煩悩をあきらかに、あからさまにあばきながらも、ひとつひとつにそそぐ賢治の眼差しはやさしい。だが、そして鋭い。

 例えば、水木しげるのネズミ男もなかなか憎めないキャラクターだが、賢治の世界では、役割は固定されない。常に流動的で、多彩だ。

 0歳児、1歳児は、よい子でもあり、悪い子でもある。いたずらする時もある。誉められる時もある。ネズミは、子供たち自身でもある。

 賢治の眼差しは、子供たちの眼差しでもある。読む者すべて、みんなの、自分自身への眼差しでもある。

|

« 狼森と笊森、盗森 宮沢賢治・作 片山健・絵 ミキハウスの本 | トップページ | いちょうの実 宮沢賢治・作 及川賢治・絵 ミキハウスの絵本 »

33)プレムバヴェシュの孫たちとの対話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツェねずみ 宮沢賢治・作 石井聖岳・絵 ミキハウスの絵本:

« 狼森と笊森、盗森 宮沢賢治・作 片山健・絵 ミキハウスの本 | トップページ | いちょうの実 宮沢賢治・作 及川賢治・絵 ミキハウスの絵本 »