« スサノオと出口王仁三郎 増補 出口和明 | トップページ | 『正法眼蔵』『永平広録』用語辞典 大谷哲夫 »

2012/05/07

「新瞑想法入門 」 OSHOの瞑想法集大成 <3>

<2>よりつづく

612arcs9fl__sl500_
「新瞑想法入門」OSHOの瞑想法集大成 <3>
OSHO /スワミ・デヴァ・マジュヌ 1993/01 瞑想社 /めるくまーる 単行本 507p

 瞑想のガイドとしてこの本を用いるにあたって、瞑想のまえに、最初から最後までこれを読まなければならないというわけではありません。自分の直感に従ってこの本を使っていただいてかまいません。

 まず、目次や本文にざっと目を通して、自分にぴんとくる章や瞑想を選んでください。たとえば、ガイドラインを読むまえに、第三部にある瞑想法をやってみたいと思ったら、そのようにしてかまいません。自分にとって良いと感じるものに従ってやってください。

 そして、ひとつの瞑想を選んだら、少なくとも三日間はやってみてください。そして良ければ続け、より深く入ってゆくのです。重要なことは、楽しく試してみて、それから自分自身に素直に問いかけてみることです。この瞑想は自分の喜びや感受性が成長しつづけるのを助けるだろうか、と。p30「この本の使いかた」

 プロジェクト567の2オクターブ目のソはこの本。もうここまでくると、急いでこの一冊を読まなければならない、というようなことはない。瞑想は、電車に乗る前に、急いでかき込まなければならない立ち蕎麦のようなものではない。

 対応するミの「英知の辞典」もそうだが、ひとつひとつ、玩味しながら、のんびりといこう。

<4>につづく

|

« スサノオと出口王仁三郎 増補 出口和明 | トップページ | 『正法眼蔵』『永平広録』用語辞典 大谷哲夫 »

32)プロジェクト567」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新瞑想法入門 」 OSHOの瞑想法集大成 <3>:

« スサノオと出口王仁三郎 増補 出口和明 | トップページ | 『正法眼蔵』『永平広録』用語辞典 大谷哲夫 »