« ヒーリングライフ 人と地球を癒す音<2> 宮下富実夫 | トップページ | ZEN OF STEVE JOBS <1> ケイレブ・メルビー/ジェス3 »

2012/06/24

世界を変えた! スティーブ・ジョブズ アマンダ・ジラー/星野真理


「世界を変えた!スティーブ・ジョブズ」 
アマンダ・ジラー/星野真理 2012/03 小学館 単行本 182p
Vol.3 No.0741★★★☆☆

 こちらの一冊も漢字にルビが振ってある。小学校の図書館に入ってもいいような一冊だ。ただ、いささか長すぎる。小学生では飽きてしまうかも。中学生にちょうどいいような内容。でも中学生だったら、ルビはいらないよなぁ。

 ジョブズの人生は成功した人生だったのだろうか。成功と失敗と、ふたつに人生を分けることはできないが、あらためてこうしてジョブズの人生を振り返ってみると、からずしも、うらやましい~と羨望するような人生ではなかったのではないか、と私なら思う。

 最初から養子に出されるという人生のスタートがあった。60年代カルチャーの波の中で、ヒッピーカルチャーやZENとの出会いがあった。コンピュータの波があり、人生の悲喜劇があった。人間関係やビジネス上のあれこれ。決して順風ばかりに押された人生ではなかった。

 科学と芸術をつなげた男、という評価もないではないが、果たしてそうだっただろうか。彼は技術者(もどき)ではあったかもしれないが、かならずしも科学者ではなかったのではないか。そして、芸術家(もどき)ではあったかもしれないが、デザイナーですらなかったのではないか。

 経営者としてのパフォーマンスは優れていたようだ。この本では市場価格世界一の企業を作り上げた、となっているが、どうもこの辺の評価は株価や世間の評価の瞬間風速によるもので、必ずしも鵜呑みにはできない。

 同時代を生きてきた人間として思うことは、パソコンをつくったと評されるジョブズではあるが、もしあの地点でジョブズがつくらなくても、いずれは誰かが作ったと思われるのである。あるいは、マウスにしても、タッチパネルにしても、いずれはそういう流れにならざるを得なかったのではないか。 

 ただ、事実として、それを早め、それを推進した、そういう現場にジョブズは確かに立ち会っていた、とはいえそうだ。

 この本ではむしろ、別な面のメモを残しておきたい。

 ジョブズとコトケがいっしょに読んだ本のうちの一冊、「あるヨギの自叙伝」では、著者のパラハンサ・ヨガナンダが、1894年1月のクンブメーラに参加したことをつづっている。ジョブズが伝記「スティーブ・ジョブズ」の著者に語ったところによると、ジョブズが自分のiPad2二ダウンロードした本は、この一冊だけだった。

 これは「十代のころにはじめて読み、インド旅行中にまた読み、その後も毎年読み返してきた、瞑想と精神世界への案内書」だとジョブズは語っている。ジョブズにとって、この本で知った祭りを自分の目で見ることは、わくわくするような体験だったにちがいない。p60「精神の目覚め」

 ジョブズの精神性については、ZENとのかかわりが取りざたされているが、なにはともあれ、こういう形でインド文化とのふれあいが、まずは登場している。

|

« ヒーリングライフ 人と地球を癒す音<2> 宮下富実夫 | トップページ | ZEN OF STEVE JOBS <1> ケイレブ・メルビー/ジェス3 »

31)Meditation in the Marketplace1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を変えた! スティーブ・ジョブズ アマンダ・ジラー/星野真理:

« ヒーリングライフ 人と地球を癒す音<2> 宮下富実夫 | トップページ | ZEN OF STEVE JOBS <1> ケイレブ・メルビー/ジェス3 »