« 羽倉玖美子企画・制作 『ひとりじゃないよ』~不登校・ひきこもりの子どもと共に」<1> | トップページ | 羽倉玖美子 『ホピの太陽の下へ』 女三人、アリゾナを行く »

2012/11/22

奥成達 『宮澤賢治、ジャズに出会う』


「宮澤賢治、ジャズに出会う」 
奥成達     2009/06     白水社     単行本     232p
Vol.3 No.0885★★☆☆☆

1)奥成達「宮澤賢治、ジャズに出会う」購入。賢治にはジャズの詩がある。「春と修羅」第二集に収録されている「岩手軽便鉄道 七月(ジャズ}」である。「石川裕人劇作日記時々好調」2011.12.19 Monday 

2)奥成達の名前は、「瞑想術入門」(山田孝男,影山勲との共著 大陸書房, 1974)で初めて知った。日本の文化状況において、「瞑想」という単語が普通に書店に並び始めたのは、この書が初めてだったのではないだろうか。その後、平岡正明などとの絡みで、奥成達の名前は、私の脳裏に刻まれた。

3)石川裕人の葬儀では、バックにジャズ(としかいえない我がレパートリーの不足が悲しい)が流れていた。これは、葬儀社と家族が相談して、そうしてください、とお願いしたのだ。弔辞でギターをかきむしって歌を歌ったゴトーちゃんは、式場に到着するなり、あれ「ジャズが流れているね」と言った。さすがに音楽的感性のある人たちは、常に敏感に音に反応する。

4)先日参加した「熱日高彦神社創祀壱千九百年記念大祭」では、お神楽ばかりではなく、いくつかの芸能が奉納された。幕間に民謡、雀おどり、ピアノ演奏、などとともに、ディキシージャズバンドの演奏があった。この時のキーボード奏者は、10年前に、一緒に野球部の応援で甲子園にいった音楽の先生、門脇先生だった。

5)当ブログにおけるジャズ関連は、「マイルス・デイヴィスとは誰か」(小川隆夫 /平野啓一郎 2007/09 平凡社)とか「アガルタの凱旋」とかしかなく、あまりにもお寒い。自分が情けなくなる。

6)しかしまぁ、今回は石川裕人おっかけの途中であり、こんな本も彼は読んでいたのだ、ということがわかればそれでよい。

7)それにしても、この本にかぎらず、人にはいろいろな好みがあるものだ。他人の読書ノートなどを追っかけるのは、ほんとに難しいと、いまさらながらに思う。

8)この本は、ジャズと宮沢賢治、どちらつかずの本であるが、奥成達らしく、いろいろな「不良」たちがでてきて、芸術とは、ほんとに「不健全」なものだ、と思ってしまいそうになる(笑)

|

« 羽倉玖美子企画・制作 『ひとりじゃないよ』~不登校・ひきこもりの子どもと共に」<1> | トップページ | 羽倉玖美子 『ホピの太陽の下へ』 女三人、アリゾナを行く »

29)Meditation in the Marketplace3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 羽倉玖美子企画・制作 『ひとりじゃないよ』~不登校・ひきこもりの子どもと共に」<1> | トップページ | 羽倉玖美子 『ホピの太陽の下へ』 女三人、アリゾナを行く »