« 『哲学者たちの死に方』 The Book of Dead Philosophers<5> | トップページ | 『フクシマは世界を変えたか』 ヨーロッパの脱原発事情 片野優 <2> »

2013/01/02

またまた始まるパソコン選び 『はじめてのWindows8』基本編


「はじめてのWindows8」基本編
戸内順一 2012/11 秀和システム 単稿本 287P
Vol.3 No.0901★★★☆☆

1)年末に愛用のPCがクラッシュした。前夜までは何事もなく使えていたのに、朝起きて見ると、ウィンドウズが起動しない。ハード面よりソフト面らしいのだが、とてもシロートの手に負えるような状態ではなさそうだ。

2)ただ、このPCはバーチャルゲーム・セカンドライフをやろうと購入した機種だから、私としては結構高機能な高価なものだった。ところが購入2年目にして、キーボードにコーヒーをごちそうして、半年間眠っていたという病歴がある。一旦はメーカーからも見放されたが、半年後に完全乾燥したあとは復帰して活躍していたのだ。

3)動いていたとはいうものの、実は、いくつかの不具合はあった。ある種のソフトが立ち上がらなかったり、ファンの音がうるさかった。あれはファンではなく、ひょっとするとハードディスクからの音ではなかったのか、という危惧さえもっている。

4)いつものことながら、PCがクラッシュすると、パニックになる。一瞬、もうどう生きていったらいいかわからない様な気分にすらなる。今回もパニックに陥った。数日から数週間、なんとか動かそうとしたが、どうやら根本的にやられている。

5)年末で忙しいこともあった。5年のメーカーサポートもまだ、年明けまで続いている、ということで、修理は年が明けてからということにしておいた。

6)緊急用には奥様仕様のPCでなんとかしのぐようにはしてあるのだが、いつまでも他人仕様のPCでは使いにくいし、おじゃまでもあろう。さっそく天井上収納から、時代遅れのXP機を下ろしてきて、なんとか急場をしのいだ。なに、XPとはいうものの、WiFiも使えるし、オフィス面でもなんとか互換性がある。動きは緩慢だが、まったく使えないというわけではない。

7)ところで、クラッシュして失われてしまうデータはどうなるのか、ということのほうが心配だが、こちらは、最近のクラウド環境で、基本的な部分には何の影響もない。孫達の画像とかは奥さんのPCにもコピーしてあるので、失われてはいない。

8)メール類もオンラインメールに保管してあるので、元メールは失われることはない。ただ問題は、膨大なOfficeデータ類だ。積年の使い回し定型文の数々は、失われるともったいない。まだまだ使えたのに、とは思うが、まぁ、なければまた作ればいいのだし、何年も使い回していると、いずれ客先にも飽きられる。このあたりで新しく作るのも悪くあるまい。

9)ということで、もうすでに、PC端末に依存する時代ではなくなっていることを再認識した。すでにインターフェイスとしての入出力機能だけになっている。スタンドアロンが当たり前の時代から、ネットワークを通り過ぎて、クラウドが当たり前の時代にすでになっていたのである。

10)さて、それではXP機を使い回していればそれでいいかというと、また次なる時代に突入しているようだ。少なくとも、今回のWin8環境は、XP環境では動かない。大きな違いは、タブレット時代のタッチパネル環境だろう。

11)私個人は、もともとがあまり清潔な生活をしていないので、タッチパネルについた自分の指の油脂がじゃまになって、画像が汚れるのが好きではない。できれば、すり減った、たまにはパンくずなどが挟まったキーボードと、クリアな画面、という組み合わせのほうが好きなのだ。

12)iPadやアンドロイド・タブレットに刺激されたか、Win8は、タッチパネルのタブレット仕様がメインとなる。場合によってはキーボードを隠してタブレットもどきとして使えるようになっている。XP時代から基本的に停止していたWinのイノベーションが、ジョブズのiPadに刺激されるかのように、後追いを始めた。

13)ソニーVAIO Duo 11 のようにスライドしてキーボードと出すモノ、DELLultrabookのような画面だけが空中回転してしまようなモノ、パナソニックのレッツノートAXシリーズのように、画面が360度回転してキーボードを下面にしてしまうモノなど、様々な機種がWin8をインストールしている。ASUSのEeePadシリーズのようにキーボードから画面だけを切り離してしまうモノ(アンドロイド4.0)などもある。

14)どれもがおもしろそうでもあり、根本的になにがイノベーションされているのか、わからない風でもあり、どれもいまいちである。それぞれに新しいタイプだから、機種代も結構する。またまたハードを買わせようという作戦である。

15)結局は、いざという時のためのバックアップを考えて、今までのごく当たり前の格安ラップトップパソコンとWifi仕様のタブレット一枚あれば、業務は足りてしまうだろう。

16)っていうか、本当にタブレットは必要であるのかどうか、は未だに疑問である。ソファに寝っ転がってタブレットをいじっていると、つい居眠りしてしまい、手から滑りおちたタブレットで、数回あごを怪我したという友人の笑える報告もある。台付きのほうが、手がつかれなくていいんじゃない、と思う。

17)客先に行って、プレゼンでタブレットを使うというが、これがまた、PCとタブレット、二つのガジェットを使い回していると、意外と手間がかかり、客先に行ってから動かないことに気がついて、かえって恥をかく、なんてことも、実はあるのだ。

18)PCは世につれ、世はPCにつれ、結局、私などは業界の動きや世間の動きを見ながら、まずまずは・・・・の距離感で、ふわふわ追いかけていくことになるのだろう。だが、初売りで目指す機種を格安でゲット、というところまでターゲットを絞り込めていない。

19)おおお、これはぁ・・・! と叫びたくなるようなガジェットと出会えないかなぁ。なにはともあれ、正月初売りの大型家電店でも覗いてくるか。

===========追記==============

1/10
と、ここまで書いて放置しておいたのだが、完全にあきらめかけて、もう一度制御画面をいじっていたら、なんと、復活した。すごい。

基本はHDDがごちゃごちゃになって、うまくソフト(?)が読み込まれないエラーだったらしい。ディスクチェックをして、自動で修復してくれた。このあたりがまたPCの偉いところだなぁ、と思う。

ファンの音がうるさいのは、もう交換しか方法はないだろうが、まずは、正月早々めでたい! と自分では思う。

=======後日談2========== 結局、パソコンはファンだけをロングサポート期間ギリギリで無料で直ってかえってきた。 そこで同番機種の鶏ガラのような部品取り品をオークションでゲット。数千円でキーボードと液晶パネルを交換した。 メモリーもHDDもまだまだ十分。事務所の中核としてはまだまいける。 ケータイも機種代が終了したスマホ一歩手前のガラケーで十分。 多少、年落ちとはいえ、Wifiスマホは2台あるし、モバイルWifiルーターもある。 万が一に備えて2重ラインを構成しているし、電源も輻輳させている。 この辺で、ちょっと無駄かなと思いつつ、最新タブレットとLTEモバイルルーターを契約した。 最近はやたらと、業務上のタブレット風の吹き方が激しい。 最終的に本当に役立つかどうかは、分からないが、この辺で多少の冒険は必要であろう。

|

« 『哲学者たちの死に方』 The Book of Dead Philosophers<5> | トップページ | 『フクシマは世界を変えたか』 ヨーロッパの脱原発事情 片野優 <2> »

28)Meditation in the Marketplace4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『哲学者たちの死に方』 The Book of Dead Philosophers<5> | トップページ | 『フクシマは世界を変えたか』 ヨーロッパの脱原発事情 片野優 <2> »