« 「縄文人のこころを旅する」―ホツマツタヱが書き直す日本古代史 [単行本] | トップページ | 神代の風儀―「ホツマツタヱ」の伝承を解く 鳥居礼 »

2013/12/23

「古史古伝」と「偽書」の謎を読む 原田実ほか

 

「歴史読本」編集部編 2012/03 新人物往来社 317ページ
Total No.3150★☆☆☆☆

 疲労感はますます濃い。原田実の名前で検索したらひっかかってきた本ではあるが、ことほど左様に、この程度の文献にながく付き合わされるなら、私は、やはり、これらから完全撤退したほうがいいようだ。

 少なくとも、この本、3・11以降、一年経過して出された本である。当ブログとしては、接点を一つでも見つけることさえ難しい。

 「歴史読本」とやらのマッチポンプ本だ。「古史古伝」を大袈裟に垂れ流し、すこし経過してから、あれもこれも「偽書」でした、って、いつまで、そんな商売やってんかなぁ~。

 こんな本、メモするほどの価値もないが、まずはともあれ、千葉富三ホツマに突入する前に、心の準備だけはしておかなくてはならない。

|

« 「縄文人のこころを旅する」―ホツマツタヱが書き直す日本古代史 [単行本] | トップページ | 神代の風儀―「ホツマツタヱ」の伝承を解く 鳥居礼 »

25)時の葦舟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「古史古伝」と「偽書」の謎を読む 原田実ほか:

« 「縄文人のこころを旅する」―ホツマツタヱが書き直す日本古代史 [単行本] | トップページ | 神代の風儀―「ホツマツタヱ」の伝承を解く 鳥居礼 »