« 「Strawberry Statement いちご白書」 1970 | トップページ | 「インド巡礼日記」―インド・ネパール巡礼日記1 (山尾三省ライブラリー) <2> »

2014/03/04

SEVEN SAMURAI / Akira Kurosawa

Photo
「SEVEN SAMURAI 七人の侍」
監督/黒澤明 1954/04 東宝 モノクロ映画、スタンダード207分
Total No.3190★★★★★

 風邪をひいた。気温が不安定で、空気も乾いている。このところの疲労がたまったか。熱はあまり上がらないが、週末は大事を取って、床の中でゴロゴロしていた。本を読む気にもなれず、また眠ってばかりでもだめかな、と、床の中に持ち込んでタブレットをいじっていた。

 こちらもなんの拍子にか、七人の侍がでてきた。Samuraiつながりである。いつか見たことあるような気もするが、また見るのもいいかな、途中で眠っても構わないし、と、三時間を超える映画を観はじめた。

 日本のリンクではでてこない。こちらは中国のリンクから英語のテロップのあるバージョンが見ることができる。

 60年前の映画である。というか、私が生まれた時の映画である。へ~、あの時代に、こういう映画が作られていたんだなぁ、と圧倒される。チャンバラ映画は好きではないが、この白黒映画だと、あまり残酷なシーンはでてきても、血が赤くないから、卒倒しないw

 三船敏郎も若い。若い演技をしているのか、それともやっぱり若いのか。1920年生まれの三船敏郎、34歳である。うん、やっぱり若い演技をしていると思える。

 今日みたいに、風邪でもひいて、ぼぉっとしている時しか、こんな長編は見ないだろうな。それにしても、これだけの長編が、完全ノーカットとまでは言わないが、ほぼ完全な形でタブレットで観れる時代はすごいと思う。もちろん、これは著作権とかの問題もあるだろうな。

 なにはともあれ、こういう時代なのだ、と認識した。

|

« 「Strawberry Statement いちご白書」 1970 | トップページ | 「インド巡礼日記」―インド・ネパール巡礼日記1 (山尾三省ライブラリー) <2> »

24)無窮のアリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SEVEN SAMURAI / Akira Kurosawa:

« 「Strawberry Statement いちご白書」 1970 | トップページ | 「インド巡礼日記」―インド・ネパール巡礼日記1 (山尾三省ライブラリー) <2> »