« 「来たるべき地球人スピリット」<4>転び石 | トップページ | 「来たるべき地球人スピリット」<5>1995年という年 »

2014/04/09

「ダライ・ラマ in 仙台」 3・11を乗り越える愛と瞑想の道 

Safe_image
「神道 東日本大震災祈りの会」ダライ・ラマ法王14世の講演と法話
2014/04/07 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) ダライ・ラマ法王14世を仙台へお迎えするための特別委員会(代表:川上廣子出羽三山教司) 企画・運営:2014 祈りの会実行委員会
Total No.3209

 行って来た。率直に言って、良かった。これで、子々孫々に生ダライ・ラマを聞いたことある、と言える。(アハ) ^_^;

 最初の、出羽三山神社と竹駒神社の儀式が、そもそもなんであるのかは、よくわからない。これは別途書く。

 ダライ・ラマQ&Aのなかの、一番お気に入り部分のわたし的理解。

Tu
 「解決出来ない困難はありません。探求し、前に進み続ければ、必ず解決します。
大切なことは希望を持って前に歩き続けることです。だから、絶望する必要はないのです。

しかし、探求し、努力し、前に歩き続けたとしても、解決しないということはあり得ます。
それであっても、この世に、解決出来ないこともあるのだ、と見極める所まで歩いて行けた訳ですから、
絶望など、する必要がないのです。

 人間として大事なことは二つあります。ひとつは日々研鑽し、ハート・スートラで言う「空」 を求め続けること。
もう一つは、利他のこころを持って、菩提心を持って、人々と暮らして行くこと。
この事がとても大事です。」

Jize

 つまり、愛と瞑想ってことですね。

         

        「正装」でお出迎え(笑)                               

|

« 「来たるべき地球人スピリット」<4>転び石 | トップページ | 「来たるべき地球人スピリット」<5>1995年という年 »

23)来たるべき地球人スピリット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダライ・ラマ in 仙台」 3・11を乗り越える愛と瞑想の道 :

« 「来たるべき地球人スピリット」<4>転び石 | トップページ | 「来たるべき地球人スピリット」<5>1995年という年 »