« 証言構成「『ポパイ』の時代」 ある雑誌の奇妙な航海 赤田 祐一 | トップページ | 「タマサイ 魂彩」 星川 淳 »

2014/06/06

「自然のレッスン」 北山 耕平 長崎訓子

Kk01
「自然のレッスン」
北山 耕平   (著), 長崎訓子 (イラスト) 2001/07 太田出版 単行本: 190ページ
Total No.3258★★★★☆

 この本に書いてあることは、70年代後半から80年代前半にかけて、わたしが長い放浪の旅の途中で学んだことを書きとめたものです。

 アメリカ大陸南西部に広がる広大な砂漠のなかで、当時わたしは「自分の頭の中が空っぽになるような体験」をなんども持ちました。そうやってそれまでに自分が知っていると思っていたことを全部消しさる作業は、つぎに本当にこれからの自分が知っていなくてはならないことはなにかを探求する道へとわたしをいざないました。

 わたしは人生が与えてくれるハイもローもそれらの体験のことごとくを受け入れていきました。そうした旅のなかで、自分の生き方を見つめなおすときのために、この「自然のレッスン」に収録した詩を書きとめていったのです。p187あとがき「無垢の世代への贈り物」2001年初夏

 このあとがきはこの2001年バージョンに書かれたものである。実は、この本はかなりの人気本らしく、何度も版を重ねている。

Kkoo
1986/01 角川書店

Kk01
2001/07 太田出版

Kk02
2009/12 太田出版

Kk03
2014/03 筑摩書房

 おそらく、それぞれのバージョンで、いくつかのことが語られているに違いない。英語タイトルは、「THE TEACHING OF NATURE」となっているが、いかにも英語らしいタイトルである。もしこれを「自然の教え」としてしまっては、この本の風合いがだいぶそがれてしまっただろう。

 カタチとしては(2001年バージョンは)新書版でペーパーバック本の雰囲気をもたせている。一頁にひとつのポエム(と称するそれぞれの短文)が書かれており、これをアフォリズムと言ってしまったら、これもまた風合いを損ねたことだろう。

 ポエムとは言っているが、実際にはかなりな具体的なノウハウや行動をともなった「教え」であり、もし、これをWECの影響下にあった一冊と見るなら、「ひとり・アース・カタログ」の雰囲気がないでもない。包括的でシンプル。具体性に富んだ頁がつづく。

地球とのつきあい方

アスファルトでおおわれていない地面や
草原の上を歩くと
あなたは急速に自然に近づきます。

地球のエネルギーがからだに伝わり
からだにあふれ、
からだを丈夫にし
各種のわざわいにまけない
もっと強いあなたをつくるでしょう。
 p037

バックパッキングを強力に推薦するの弁

春、秋の年二回
もし事情がゆるすなら
ひとりで
あるいは友人と
また夫婦で
家族で
一週間くらいの
徒歩旅行(バックパッキング)にでかけてみましょう。
きっと愉快な体験になるはずです。
 p130

|

« 証言構成「『ポパイ』の時代」 ある雑誌の奇妙な航海 赤田 祐一 | トップページ | 「タマサイ 魂彩」 星川 淳 »

22)コンシャス・マルチチュード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自然のレッスン」 北山 耕平 長崎訓子:

« 証言構成「『ポパイ』の時代」 ある雑誌の奇妙な航海 赤田 祐一 | トップページ | 「タマサイ 魂彩」 星川 淳 »