« 「For the Children 子どもたちのために」 ゲーリー・スナイダー<9> | トップページ | 「ノー・ネイチャー」 スナイダー詩集 <3> »

2014/10/15

「宮城蔵王リゾート」 温泉付き森林住宅地

宮城蔵王リゾート 温泉付き森林住宅地

Img005
1DK+ロフト 1989/12建築 土地318坪 述床面積約31坪 800万円 温泉付(月額使用料3240円)
Total No.3331★★★☆☆

 山の椒の10月ワークキャンプから自宅に戻ってみると、地元の大きな不動産会社から、別荘地のダイレクトメールが届いていた。宮城蔵王のリゾート住宅である。3・11震災前に近くの温泉付き別荘地を見ようとして、ちょっと覗いたことがあった。その時のリストがまだ生きているのだろう。

 それに誕生日も書かされたので、こちらが一般的な退職年齢に達したのを見て、営業をかけてきたに違いない。残念ながら、私は生涯現役主義だから、別段、年齢で退職ということはない。

 それでもやっぱり気になる。

Img001
 これで800万。すでに25年落ちだから、実際の現物を見て見ないとなんとも言えないが、なかなか魅力的な物件ではある。

Img002

 カメラマンたちの腕の見せ所であるから、これは実際のものを見てみるまでは、本当の質感は分からない。

Img003
 それにしても、なかなかのデザインではないか。これが新築当時であるならば、やはり相当に魅力的な物件であっただろう。

Img004
 間取りも、ざっと見る限り、例えば個人の森林オフィスだったりするなら、これで十分だろう。これは、参考までに現地案内会に参加する価値があるかな、と、まずは思う。

 最近は温泉付き「別荘」と言わないで、温泉付き「森林住宅」というのだなぁ。なかなかカッコイイ言い方だけど、ファーストハウスとして、山の上の温泉地を住宅に選ぶ人もでてきているということだろう。

 私たちの年齢でも、すでに退職した人などはいいかもしれないし、森林オフィスでいい人ならこれも可だろう。仮にこれから20年住むとして、月々4万弱でここにすめるなら、それもいいな、と、まずは思う。

 しかし、よくよく考えてみると、温泉も経費がかかるし、もちろん頭金やらローンを組むにも問題がいくつかでてくるだろう。持ち金で買える人もいるだろうが、どうも管理費とか、目に見えない経費がどんどん出て行きそうだ。

 そこでわがエコビレッジ予定地におけるコンテナハウスを思い出す。

Imgp2791

 広さ、可能性という意味では、温泉付き森林住宅に勝るとも劣らない。土地の広さにおいてや比較にならない。もっとも、お互い、その広さを活用できればの話だが。すくなくとも現在のところ、狭いという理由は成り立たない。

Img_3495

 薪ストーブだってあるし、暖かい冬を過ごせる筈だ。また、その薪を作る楽しみもたくさん残っている。

Img_3521

 そして、ここでは契約金800万円プラス月々の諸経費が要らないというメリットがある。もちろんまったく経費がかからない、というわけではないが、今のところオーナーの好意により、企画参加希望者は、だれでも歓迎されているわけだ。

Img_3555
 台風一過の山並みとはいえ、それを一望できる景観もまた素晴らしい。宮城蔵王リゾート、温泉付き森林住宅、というなら、こちらが本格的であろう。

 もっとも、こちらの温泉は、車で10分の共同温泉に入ることになる。あちらのように温泉利用一時金160万円(!)+月々の使用料3240円は不要だが、一回310円はかかる。まぁ、とにかく比較の対象ではない。

 ははは、やっぱり、現場見学会を見に行くのはやめておこう。

|

« 「For the Children 子どもたちのために」 ゲーリー・スナイダー<9> | トップページ | 「ノー・ネイチャー」 スナイダー詩集 <3> »

21)さすらいの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宮城蔵王リゾート」 温泉付き森林住宅地:

« 「For the Children 子どもたちのために」 ゲーリー・スナイダー<9> | トップページ | 「ノー・ネイチャー」 スナイダー詩集 <3> »