« 「藤沢周平と<海坂藩>を旅する」 日本と日本人の原風景<1> | トップページ | 「デジタル時代の知識創造」 変容する著作権 長尾真監修 角川インターネット講座 (3) »

2015/02/23

「ヤバイお金」 ビットコインから始まる真のIT革命 高城泰

519ulfdjnfl

「ヤバイお金」 ビットコインから始まる真のIT革命
高城 泰(著) 2014/07 扶桑社 単行本 159ページ
No.3411★★★☆☆

1)ビットコイン追っかけもここまで来たか。この本が一冊目でなくてよかった。概略から攻めて、外堀を埋め、次第に本丸へと迫る雰囲気。いよいよインサイダー、中の人へとつながっていく感じがする。

2)何と言っても、「ビットコインから始まる真のIT革命」というサブタイトルが、ワクワク感を誘う。え? 一体なになに? と、そば耳を立てたくなる。

3)と、期待はここまで。中にはインサイダーらしい、興味深い情報が満載だが。仮想通貨やビットコインに対する興味が高まるのと同等か、それ以上に、これはそうとうに「ヤバイな」と思わせるダークな部分が見え隠れする。

4)1975年生まれの著者は、数年前に、ビットコインを誰からか貰ったことがあるという。それがビットコイン・エバンジェリストだった。そして、ガジェットの機種換えの時に失ったという。

5)どこまでが本当で、何を隠しているのかは、外からはあまり見えない。

6)「ビットコインから始まる真のIT革命」のサブタイトルには引かれるものがあるが、どうもいまいち理解できない。イノベーターでもアーリーアダプターでもない、マジョリティでしかない我が身となれば、回りをキョロキョロみながら、横並びで歩くしかない。

7)この本においては、実務的な仮想通貨の利便性はむしろ無視されて、その「投機性」にウェイトが置かれている。それがこの本の特徴でもあり、可能性でもある。

8)しかしながら、この手の話題になると私はいつも思う。形としては、パソコンを使って金儲け、というのなら、変な新しい話題に首を突っ込むより、私の場合は、本業に精出したほうが、「儲かる」のである。

9)本業といいつつ、私はあんまり仕事熱心な男ではない。手を抜けるところは限りなく抜いている。まぁ、最低限、明日に続く程度の仕事で日々を送っているにすぎないのだ。

10)だが、もし、私が本当に金に困って、パソコンを駆使して「金儲け」をしなければならなくなったら、すでに手元にある技術と情報とそしてネットワークに「貢献」する形を作れば、おそらく生活に困ることはない。社会的な人間関係も深まる。

11)さまざまな「投資話」はあるが、私なら、日々の「本業」に精出すのが一番だ。

|

« 「藤沢周平と<海坂藩>を旅する」 日本と日本人の原風景<1> | トップページ | 「デジタル時代の知識創造」 変容する著作権 長尾真監修 角川インターネット講座 (3) »

19)Yahman Osho」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤバイお金」 ビットコインから始まる真のIT革命 高城泰:

« 「藤沢周平と<海坂藩>を旅する」 日本と日本人の原風景<1> | トップページ | 「デジタル時代の知識創造」 変容する著作権 長尾真監修 角川インターネット講座 (3) »