« 「『仮想通貨』の衝撃」 エドワード・カストロノヴァ | トップページ | 「腕におぼえあり」 第三巻 藤沢周平原作 »

2015/03/03

「腕におぼえあり」第二巻 藤沢周平原作

<第一巻>よりつづく

51ydgwc7t5l
「腕におぼえあり」第二巻
村上弘明, 渡辺徹 (出演) 1992/04 NHK  DVD 180分
No.3420★★★★☆

1)5話から8話まで収録。国元のいいなづけも江戸にやってきて、再会。一挙に4話を続けてみるのも一興だが、それを見させる藤沢周平の力ワザと言っていいのか、ついにこの世界に慣らされたというべきか。

2)村上弘明という俳優、仮面ライダーにでていたとか。出身は岩手県陸前高田らしい。見ればみるほどいい男だなぁ。この男に似ている男がいる。身長も185らしい。あいつも長身だ。あいつもモテるんだろうなぁ、と勝手に嫉妬したりする(爆笑)。

3)ここまで連作でみると、ひとつのパターンが分かってきて、次の展開がなんとなくわかる気がしてくる。どこか水戸黄門のワンパターンが彷彿としてくる。前シリーズのまだ3分の1程度だが、乗りかかった舟。最後まで見通してやろうじゃないか。

4)それにしても、このタイミングで、どうしてこの時代劇を見ているのだろうか。ひとつは本を読むのが飽きているんだろうな。それと、気分転換。いままで踏み込んだことのない領域への、浮気、ともいえるかもな。

5)だが、これがなんとも面白い。いいね。

6)そうそう、このシリーズは、どうやら赤穂浪士を背景にして用心棒稼業が描かれているのだった。

<第三巻>につづく

|

« 「『仮想通貨』の衝撃」 エドワード・カストロノヴァ | トップページ | 「腕におぼえあり」 第三巻 藤沢周平原作 »

19)Yahman Osho」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「腕におぼえあり」第二巻 藤沢周平原作:

« 「『仮想通貨』の衝撃」 エドワード・カストロノヴァ | トップページ | 「腕におぼえあり」 第三巻 藤沢周平原作 »