« 「雪あかり」 藤沢周平 | トップページ | 「マネーと国家と僕らの未来」茂木 健一郎, 堀江 貴文, 金杉 肇<1> »

2015/03/23

「女難剣雷切り」 シリーズ藤沢周平を読む 

41nguj1aswl
「女難剣雷切り」
シリーズ藤沢周平を読む
朗読: 松平定知 2004/08 NHKラジオ第1放送 「特集 藤沢周平を読む」より  再生時間 49:10 No.3455★★★★★

1)小説なんて読まない。それが長年のわが矜持であった。いや、今でも読んでいない。しかしながら、なんの拍子でか藤沢周平映画を見、藤沢周平ドラマを見終わると、次は、なぜか、ラジオ番組などのCDが読みたくなった。この調子だと、いつかは小説そのものに手を出すだろう。

2)眠られない夜、というものがある。こんな夜は、いままでだったら浴びる程の酒を飲んで、寝てしまえば、翌日、やや体調は悪いが、まぁ、忘れたり、考えなおしたり、時間が過ぎて、また、別な話題に入っていけるのだった。

3)しかし、なぜか最近は、酒に酔わない。一辺に酒量が減ったせいもあるが、どうも、本質的に、酒でごまかしてはならないことも、知っている。

4)こんなタイミングで藤沢周平CDに出会った。これが、私には結構な新地平を切り開いてくれているようだ。

5)頭の中には、悶々と、いろいろな問題が渦巻いている。布団の中にくるまりながら、イヤフォンで藤沢周平ワールドに遊ぶ。

6)遊ぶと言っても、耳から小説は聞こえてくるものの、なかなか頭の中ではグルグルと、今日あったこと、なかったことを、思い返す。

7)小説は小説で勝手に進行する。本で小説を読むなら、こういう訳にはいかないだろう。CDは勝手に動き続ける。

8)小説は有体な話題で、特段に為になるようなストーリーではないが、やはり物語になるような好奇な話ではある。こんなことは、いいよ、聞きたくないよ、とは思うが、それなりに面白い。

9)面白いけど、心の中は悶々、今日あったことを考えている。あちこちストーリーはぶっ飛んでいる。わずか1時間足らずのストーリーなのに、あちこち聞いていない。そりゃそうだ、別段に知りたいと思ったストーリーでもなければ、お手本になるような話ではない。

10)しかしだ。

11)小説には、酒と同等の効果がある。いや、ひょっとすると酒よりも効能がある。もちろん併用も可能だ。そういうことが、藤沢周平ワールドにあそび始めて、そういう感じが強く感じるようになった。

12)小説そのものに救いはない。別段に為になる教訓めいたものではない。しかし、その好奇なストーリーにリアリティを持てば、そこにつられて、頭のなかの悶々は相対化される。

13)忘れる、というほどではないが、一時、自分の悶々から離れることができる。

14)みんな、こういう効果があるから小説を読むのかな。

|

« 「雪あかり」 藤沢周平 | トップページ | 「マネーと国家と僕らの未来」茂木 健一郎, 堀江 貴文, 金杉 肇<1> »

19)Yahman Osho」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「女難剣雷切り」 シリーズ藤沢周平を読む :

« 「雪あかり」 藤沢周平 | トップページ | 「マネーと国家と僕らの未来」茂木 健一郎, 堀江 貴文, 金杉 肇<1> »