« 「The Philippine Experience 」第3回国連防災世界会議 | トップページ | 「人情しぐれ町」第3巻 藤沢周平原作 »

2015/03/19

「合本 極道辻説法」今東光

512xd4ynkl

「合本 極道辻説法」
今東光 2013/12 ソニー・ミュージックダイレクト CD2枚 113 分
No.3451

1)「極道辻説法」(1977集英社)、「続 極道辻説法」(1977/07集英社)、「最後の極道辻説法」 (1977/12集英社)、が合本になってCD化されたもの。このCDが出たのはもとレコード化されていたものとは言え2013/12であるという。それだけ愛された人物だったということだろう。

2)現在、当ブログは「Yahman Osho」カテゴリを進行中である。残り3分の1だが、はてさてどういう道行きになるかと見ていたら、ここにもうひとりのOshoがやってきた。このカテゴリ、ここでこの人に締めてもらってもいいかもなぁ。

3)この本、何度も読んでいるので、内容はほとんど聞いた内容だが、声がなんとも若い。最初、誰かが吹き替えているのかと思ったが違う。いやぁ数え80歳の御仁にしては、なんとも声が若くて活舌が見事である。

4)べらんめい調だから、もっとメッチャクチャのような印象があったが、どうしてどうして、言っているのは実にマトモ。こんなにマトモであったか、と二度びっくり。

5)日本の最初の神智学といわれる今武平の息子にして、場合によってはクリシュナムルティの身代わりに「マイトレーヤー」になったかもしれない人物だ。そして大本の出口王仁三郎に見染められて、その後継者にさえなったかもしれない人物でもある。

6)マイトレーヤでも大本でもなかったが、天台宗の大僧正にして平泉・中尊寺の住職であった。決してマイトレーヤにも大本にも負けない存在になられた方である。

7)優しみがあり、まさに宗教家である、と思わせる。何度聞いても素晴らしい。

|

« 「The Philippine Experience 」第3回国連防災世界会議 | トップページ | 「人情しぐれ町」第3巻 藤沢周平原作 »

19)Yahman Osho」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「合本 極道辻説法」今東光:

« 「The Philippine Experience 」第3回国連防災世界会議 | トップページ | 「人情しぐれ町」第3巻 藤沢周平原作 »