« 「腕におぼえあり3」 第3巻 藤沢周平原作 | トップページ | 「70年代のスピリチュアル」書きかけのボツ原稿 »

2015/03/07

「新 腕におぼえあり」 よろずや平四郎活人剣 第1集  藤沢周平原作

<3-第3巻>よりつづく

51feafnaxhl_2
「新 腕におぼえあり」 よろずや平四郎活人剣 第1集
藤沢周平原作 高嶋政伸.段田安則.原田美枝子.村田雄浩.松重豊.羽田美智子.榎木孝明.宇津井健・出演 NHK DVD二枚組 352 分
No.3426★★★★★

1)高嶋政伸が主役じゃ、どうかなぁ、と思ったが、どうしてどうして、村上弘明も素敵だったか、それに勝るとも劣らない熱演である。

2)「よろずや平四郎活人剣」。この活人剣、という奴がいい。元祖「腕におぼえあり」も素晴らしかったが、どうも人が死に過ぎる。そんなに殺すなよ。そういう反省は、私ばかりが感じたのではなく、みんなが感じたかもしれない。

3)藤沢周平作品であることには変わりはないが、1、2、3と、この「新」シリーズには直接的な繋がりはない。別な作品群を、同じタイトルで繋いでいるだけである。

4)あまりな二枚目も困ったもんだ。見とれ過ぎて、素晴らしすぎて、ちょっと嫌みでもある。ましてや村上弘明の知人のハンサム男に似ていて、どうも落ち着かない。それに比べれば、高嶋政伸も決して醜男ではないが、ずっと身近に感じられるキャラクターである。下手な二枚目より、厚みがあるかも。

5)それにしても、これだけ違ったシリーズならタイトルも、もっと別なものにしてもよかっただろうに、とも思う。

6)いいねぇ、人情話。場合によっては、主人公の境遇に我が身を当てはめて考えてもいいくらい。さすが藤沢周平ワールドだ。

<新ー第2集>につづく

|

« 「腕におぼえあり3」 第3巻 藤沢周平原作 | トップページ | 「70年代のスピリチュアル」書きかけのボツ原稿 »

19)Yahman Osho」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新 腕におぼえあり」 よろずや平四郎活人剣 第1集  藤沢周平原作:

« 「腕におぼえあり3」 第3巻 藤沢周平原作 | トップページ | 「70年代のスピリチュアル」書きかけのボツ原稿 »