« 「男はつらいよ」 第12作 私の寅さん 山田洋次監督 | トップページ | 「男はつらいよ」 第14作 寅次郎子守唄 »

2015/05/03

「男はつらいよ」 第13作 寅次郎恋やつれ 山田洋次監督

51ns3dlwpl
「男はつらいよ」 第13作 寅次郎恋やつれ
山田洋次(監督) 渥美清(出演), 吉永小百合(出演), 1974/08 松竹 DVD 104分No.3493★★★★★

1)ふたたび吉永小百合の登場。

2)1974/08といえば、すでに旅人としては、それなりに自信がついた頃だった。だが、これでいいのか、という反省の気持ちもつよくなる。ここから暮れに向けて、全国叛文化合宿へと準備に入るわけだが、そのネーミングにこだわりがある。

3)叛文化連合から星の遊行群、そしてキャラバン75と変質していくうちに、私の心のなかには、深い亀裂が入り始めていた。そして、メンバーたちの自宅出産への準備。

4)それらのなかで、私の心は渇きに渇いていたはずだ。

5)そう言えば、旭ケ丘から北山に移ったのはいつだったのだろう。74年の春だったか。この移転の意味は、結構大きかったはずだ。

6)寅のリアルな実存に、かなり追いつきつつある日々だったのではないか。

7)そう言えば、わが胸のなかにもマドンナがいたな。寅におとらず、愚かな青春の日々だった。反省しきり。

8)島根や鳥取がでてくる。私都村や弥栄の郷、さくらんぼユートピアの思いでとダブる。あの日差しの強い夏休み。輝く山道や、鳥取砂丘。

9)この作品も初めてみた感じ。一度は見てるはずだが。

10)「柴又慕情」 (1972/08)の吉永小百合とはまたちょっと違って、裏と表のような対比を見せる。

11)松村達雄おいちゃんは今回で終わり。つまり第9作からこの第13作までの5作品が松村達雄おいちゃんだった。

男はつらいよ全48作 

|

« 「男はつらいよ」 第12作 私の寅さん 山田洋次監督 | トップページ | 「男はつらいよ」 第14作 寅次郎子守唄 »

18)Zorba The Buddha」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「男はつらいよ」 第13作 寅次郎恋やつれ 山田洋次監督:

« 「男はつらいよ」 第12作 私の寅さん 山田洋次監督 | トップページ | 「男はつらいよ」 第14作 寅次郎子守唄 »