« 「2013年版 間違いだらけのクルマ選び」徳大寺有恒他 | トップページ | 「クラインガルテン計画」<9>移植 »

2015/07/16

「NHK趣味の園芸やさいの時間」 夏を乗りきる菜園の知恵

81opqqwdl2l
「NHK趣味の園芸やさいの時間」夏を乗りきる菜園の知恵
2015年 06 月号 NHK出版 
雑誌
No.3561★★★★☆

1)図書館に行ったら、最新号は貸出禁止だし、先月号などは人気で貸出中なのだが、ちょっと古めのバックナンバーがあったので、ゴソッと借りてきた。

2)6月号ではあるが、現在の7月あたりの気候にも適応するように書いてある。

3)ナス、キュウリ、オクラ、ピーマン、シシトウ、ササゲ、トマト、パプリカ、ツルムラサキなどなど、我が農園で、現在進行形の「問題」点がキチンと網羅されてリストアップされている。なるほど~、我が農園の問題は、定番の問題なんだな。解決策は、いろいろとありそうだ。

4)これからやりたい、タマネギ、ジャガイモ、キャベツ、長ネギ、それのマルチや、ぬか漬けの床つくりなどについても、分かりやすくヒントが書いてある。

5)たまに、間違ってこのテレビ番組を見てしまうのだが、出会うとやっぱり面白い。ついつい見てしまう。偶然見てしまうというより、キチンとこの番組を一年間でも追っかけてみれば、市民農園クラスのことなら、だいたい分かってしまうだろう。

6)それしても、NHKの大衆番組ということで、すこし敬遠気味だったのだが、いまや有機無農薬と大々的に銘打っていなくても、もはや時代の潮流はそちらのほうにあるのだと、痛感する。このテキストなども、その辺についてキチンと配慮されている。

7)これはプランター栽培や家庭菜園レベルに限定しているからであって、農業経営的な視点から見れば、まぁ、絵空事の部分もあるに違いない。プロ農家はプロ農家なりの工夫や苦悩があるに違いない。

8)なんとかという有名なジャーナリストの最近の肩書は「半農業・半ジャーナリスト」であるという。半農業半Xという言葉もあるが、いまや「農」の心を持っていないと、人間とは言えない、とばかりの風潮があることに、私は悪いことではないな、と思う。

9)「やさいの時間」はあくまで、野菜作りに限定したリクレーショナブルな技術の伝授に視点が置かれているが、当然、ここから環境問題や、エコロジーに繋がる視点があってしかるべきである。

10)とにかく、食わず嫌いの私なんぞは、謙虚な気持ちになって、この番組を一年なり二年なり、追っかけただけでも、相当に勉強になりそうだな。

|

« 「2013年版 間違いだらけのクルマ選び」徳大寺有恒他 | トップページ | 「クラインガルテン計画」<9>移植 »

17)空と緑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「NHK趣味の園芸やさいの時間」 夏を乗りきる菜園の知恵:

« 「2013年版 間違いだらけのクルマ選び」徳大寺有恒他 | トップページ | 「クラインガルテン計画」<9>移植 »