« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<2> | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<4> »

2016/01/12

「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<3>

<2>からつづく

51cf35abzl
「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<3>
朝日ビジュアルシリーズ 2015/12 朝日新聞出版 ムック 48ページ
★★★★☆

Mk004

 部材の色はバラバラである。結構なカラー・グランデーションができる。市販モデルによっては総ヒノキ造りなどと語っている模型もあるが、当ブログにおいては、集まってきた部材の有効利用、適材適所を考える。

Mk003

 生木あり、合板あり、圧縮合製材あり、竹串あり。色も形もまちまち。この他、台所にある割り箸や爪楊枝などを加えれば、だいたいの部材は間に合うだろう。

Mk002

 100円ショップで購入したミニチュア・キャンパスの三本脚は、最も重要な中心の心柱に役立ちそうだ。丁度三本をつなぐ形になる。外した釘やネジなども捨てずに、何かの時の装飾材として使えるだろう。

Mk001

 ここから、1/40スケール、80cm*35cm*35cmの五重塔を作ってみよう。完全な復刻は無理だし、完成度を上げれば竣工は限りなく遠のく。自らの学習のために、と割り切って、自分の納得のいくところまで行ってみよう。

Horyuji_rt_2

 これをIKEAのガラス扉キャビネットDETOLFに収める予定である。寸法的な難が、なきにしもあらずだが、今のところ総合的にベスト・コンビネーション。

0259486_pe404004_s5

<4>につづく

|

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<2> | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<4> »

14)じゃこうねずみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<3>:

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<2> | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<4> »