« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<8> | トップページ | 「死について41の答え」 OSHO 伊藤アジータ<6> »

2016/01/30

バルド瞑想 「チベット死者の書」に基づくガイド瞑想 <9>

<8>からつづく

Img37354bc1zik2zj
「バルド瞑想」「チベット死者の書」に基づくガイド瞑想 <9>
■瞑 想 実 践 C D●再誕生への道案内 180分・CD4枚組構成 ◆制作・ヴィートマン(Osho school for life and death processes) ◆
★★★★☆

1)バルド瞑想35日目。実感として、28日目以降は、ヴァイブレーションは大きく変化している。満月から満月へのサイクルが一巡し、何かの覆いが外されたような、軽さを感じる。あ、変わったな、という実感がある。

2)その実感とともに、時あたかもOSHO NEWSでMansha from Japanという記事が掲示された。なるほど、そういうタイミングでもあったか、と思う。へたな弔辞よりも、このような送られ方のほうが彼女らしいし、またご本人の願いでもあっただろう。

3)次々と肉体を離れていく友人たちだが、それぞれにネット上に「遺産」ともいうべきものを残していく。彼女もまた自らの綺麗なアート作品群をネット上に遺し、スピリチュアル・ヒーラーとしての素晴らしいプロフィールを残していった。

4)おそらくは、彼女を通じてのバルド瞑想はひと月で完了したのであろう。

5)かくいう私は、自らのバルド瞑想のなかで、五重塔制作にとりかかり、ある程度まで進んできた。

Img_3230

6)基本構造の10分の1を経過したあたりだが、まったく見当つかずのプロジェクトであったが、ある程度の見込みがつき、完成までのプロセスが見えてきた。

7)しかし、それまでの集中的時間と、材料の吟味、精度の確認、そして制作の意味などを、それぞれ再確認するタイミングとなり、一旦はここで封印することとした。

Imageiiio
8)想いもつかぬほどの集中ではあったが、また、般若心経を唱えつつ、スマホに入れて持ち歩かなければならないほどの、強いバイブレーションを感じた。

9)しかしまぁ、それも、やがてナダブラフマやナタラジへと変容し、今はOSHOの新刊をすこしづつ読み続けることにつながりつつある。

10952137_785547381481417_6888192775
10)普段の自分の読書と言えば、次から次へと付箋を貼りながら、言葉を抜き書きするような読書になりがちだが、この本においては、単に、ゆっくりと読み進めているだけである。

11)言葉ひとつひとつというより、ずっとその流れと繋がっていることのほうが、大きな意味を持っているようだ。

<10>につづく

|

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<8> | トップページ | 「死について41の答え」 OSHO 伊藤アジータ<6> »

14)じゃこうねずみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルド瞑想 「チベット死者の書」に基づくガイド瞑想 <9>:

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<8> | トップページ | 「死について41の答え」 OSHO 伊藤アジータ<6> »