« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<14> | トップページ | 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行+神谷宗幣<3> »

2016/03/06

「隠された十字架―法隆寺論」梅原猛 <1>

91mivgpool
「隠された十字架―法隆寺論」
梅原 猛(著)1972/05 新潮社  単行本 456ページ
No.3658 ★★★★☆

1)この本、実は一カ月ほどまえから読み始めているのだが、ちっとも進まない。他の本が簡単だからそっちにばかり食指が動く。

2)実際には、この本は1991年頃に、当時親交のあったスワミ・モンジュ氏に勧められて購入したものだが、すっかり積ん読本になり、気にはなっていたのだが、ついぞこれまで完読したことがなかtった。

3)私の蔵書は、だから平成2(1990)年2月の51刷になっているわけだが、実はこの本、初版は昭和47(1972)年5月である。実に44年前の本となる。大正15(1925)年生まれの著者47歳の時の作品である。

4)著者学生時代からの腹案だったというからそれがスタートしたのはさらに以前からということになるので、実に古色蒼然とした作品ということになる。

5)隠された「十字架」というタイトルから、私は長い間あの五重塔の相輪の部分には十字架が仕組まれている、とかなんとかの本だろうと、さして気にもとめなかった。そもそも法隆寺論争には、とんと関心がわかなかったのである。

6)しかるに、ここに来て法隆寺の五重塔に関心を抱き、我が蔵書の中から掘り出してきたというわけである。

Img_3739_2

7)今あらたまって読み始めてみると、油ののりきった時代の著者の創作意欲に圧倒されつつ、やはりあの時代の時代性の背景を感じないわけにはいかない。また、この後にでただろう論評は、すでにあの推論をとうに超えているのかもしれない。

8)それでもやはり、今回はこの本を読破しておきたいと思う。十字架の意味は、私の単純な推論のようなものではない。もう少し周辺の知識や情報が必要である。

9)この記事は、一ケ月前から準備していたのだが、どうも始まらないので、断片的ではあるが、暫定的にスタートしておく。

10)哲学者としての著者の姿勢、日本という「国」の成り立ち、そしてそこに関わる「私たち」。とくに、なぜあの時代に、わが友人であるモンジュ氏が私にこの本を勧めたのか、あらためて推量しながら、すこしづつ進むことにする。

つづく

|

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<14> | トップページ | 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行+神谷宗幣<3> »

14)じゃこうねずみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「隠された十字架―法隆寺論」梅原猛 <1>:

« 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<14> | トップページ | 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行+神谷宗幣<3> »