« 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <6> | トップページ | 「解き明かされる日本最古の歴史津波」<27>陸奥国分尼寺 »

2016/03/03

「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」<16>

<15>よりつづく

79421146
「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」 <16>
リズ・ダベンポ-ト/平石律子 2002/09 草思社 単行本 222p

第二週 ステップ2 毎日の「管制塔」を持つ その2

1)スケジュール管理やtodoリスト、備忘録など、全部を全部一元化することは無理である。かなりシンプルになってはいるけれど、やはりメモ忘れ、見落とし、紛失などのリスクから身を守るためには、バックアップの機能は必要だし、逆に常に用意しておく必要はある。

2)今回見直してみて、いくつかの問題点に気がついた。todoリストは7つに絞るべきだ、との御助言に従って、そうしてきたつもりだが、だんだんリストの尻尾が伸びていく。だんだん長くなったあとには、もうどうでもいいような一年前ものまで残っていたりする。ああ、これではいけない。すっぽり切り落とす必要がある。

3)そして逆に今回気がついたとのひとつに、そういえば最近「欲しいものリスト」を描かなくなったなぁ、ということ。かつてなら、馬の前のニンジンよろしく、自分の目標を掲げ、具体的に物品、目的地、夢などを書いておいたものだ。それが何冊ものノートになって残っている。

4)この傾向はすでに3・11以前から始まっており、3・11後は顕著に衰退した。夢を持たない、現実を直視する、とは名ばかりの、結局は大局的なグランドデザインを失ってしまtっていたのではないか。反省しきりである。

5)そこで「ほしいものリスト」を復活させ、さっそく「プロジェクト70・30・0」をスタートさせた。その意味は個人的にしかわからないような設定値である。ここまで絞って、当面、このプロジェクトを推進する。

6)管制搭とは言うが、日々のハンドルさばきばかりが管制搭ではないだろう。ずっとずっとフライトが続いて、結局、どこに行くのよ、という行き先を見定めるのも管制搭の仕事であろう。そういう意味で「ほしいものリスト」を活用して、新しきプロジェクトを推進することとした。

<17>につづく

|

« 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <6> | トップページ | 「解き明かされる日本最古の歴史津波」<27>陸奥国分尼寺 »

14)じゃこうねずみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」<16>:

« 「いつまでもデブと思うなよ」 岡田斗司夫 <6> | トップページ | 「解き明かされる日本最古の歴史津波」<27>陸奥国分尼寺 »