« 「10年間で読んだ本ベスト10」<6>ブログという機能について | トップページ | 「10年間で読んだ本ベスト10」<8>当ブログはネットでどう読まれているのか  »

2016/05/02

「10年間で読んだ本ベスト10」<7>あんな本、こんな本

<6>よりつづく

「10年間で読んだ本ベスト10」 

<7>あんな本、こんな本 目次

1)さて、そろそろ、読書ブログらしく、あれこれ、本のことを考えてみる。まずはベスト10リストを作成するとしたら、当ブログの場合は、まずは「ウェブ進化論」(ちくま新書 2006/02)からスタートしたので、この本を上げざるを得ないだろう。

2)本当はその前に先行するところのアルビン・トフラーの「第三の波」(1980/10 日本放送協会出版局)を上げないわけにはいかないし、その他いろいろある。だけど類書を上げ続けたら、あっという間に10冊を超えていく。ここは、まずは「ウェブ進化論」をマークする。

3)当ブログをちょうど10年とした場合、偶然にも、その中間に東北大震災3・11が存在する。3・11以前と3・11以後、と分けることができる。その中間の3・11に属する本も数多い。しかし、私としては、たったひとつ象徴的に提出しておくとしたら、「仙台平野の歴史津波―巨大津波が仙台平野を襲う!」(飯沼勇義1995/09 宝文堂)しかない。

4)勝手に飯沼史観と名付けて、氏のけっして多くない著書を愛読している。できれば全部リストアップしたいが、こちらも、全部あげたら、ベスト10はそれで埋まってしまう。こちらも、象徴として、この一冊に絞っておく。

5)同じような意味において、私はOSHOサニヤシンなので、こちらもリストアップしたい本は山ほどある。あれもこれも、全部だ。しかし、読書ブログとして当ブログが一番読み込んだのは「私が愛した本」(OEJ 1992/12)だったから、まずはこの本、ということになる。

6)それと、ゲーリー・スナイダーや山尾三省をはずすわけにはいかない。この二人は友人関係でもあるし、共著もある。「聖なる地球のつどいかな」(1998/07  山と溪谷社)。この本をはずすわけにはいかないし、ある意味、この本をあげることによって、ある範囲のことを象徴させることができる。

7)さぁ、これですでに4冊。

8)スタートで一冊、中間で一冊。3・11以前で一冊、3・11以後で一冊。それでは、このブログは、一体、どんな本をゴールとしたのであろう。

9)ここがなんとも悩ましい。

10)当ブログがスタートして10年目だった、そして3・11後、5年が経過した今年2016年3月に、私が熱中していたのは、廃材で五重塔40分の1の模型を製作することだった。

11)あるいは、樹齢1300有余年のカヤの木の間伐材で薬師瑠璃光如来を彫ることだった。

12)その時、走っていたカテゴリは、ムーミン谷の住人、じゃこうねずみの愛読書「すべてがムダであることについて」であった。もちろん、この本は架空の一冊であるが、どうやらドイツの哲学者の本がモデルになっているらしいが、当ブログとしては未読である。

<8>につづく

|

« 「10年間で読んだ本ベスト10」<6>ブログという機能について | トップページ | 「10年間で読んだ本ベスト10」<8>当ブログはネットでどう読まれているのか  »

13)すべてがムダであることについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「10年間で読んだ本ベスト10」<7>あんな本、こんな本:

« 「10年間で読んだ本ベスト10」<6>ブログという機能について | トップページ | 「10年間で読んだ本ベスト10」<8>当ブログはネットでどう読まれているのか  »