« 「MonoMax(モノマックス)」 2016年09月号ビームスライツ「BIGバッグインバッグ」 | トップページ | 「AI時代の勝者と敗者」 トーマス・H・ダベンポート <2> »

2016/08/10

「パソコン購入ガイド」 2016 100%ムックシリーズ<30>

<29>からつづく       

81damkmpu0l
「パソコン購入ガイド」 2016 100%ムックシリーズ
2016/05 晋遊舎 ムック: 95ページ 目次
★★★★☆

<30>インナー・バッグ

1)業務仲間の集まりで、さっそく最新モバイル環境自慢。あまりいい趣味ではないが、他の仲間たちの意見を聞きたい。

2)とにかくわかったことは、結局同じ仕事をしている限り、同じような環境が必要になる、ということだ。パソコン、バッグ、周辺機器、特にネットにどう接続するのか。どれだけ持ち運ぶのか。

3)今日も隣に座ったKD氏の環境はこうだ。
・15インチPC タッチパネルでYOGAにもなる。氏自慢のPCだが、大きくて重い。2~3kgは軽くある。
・マウスは持たず、画面をタッチ。
・接続はモバイルWiFi。数社試してみたそうだが、結局は客先の自宅WiFiに接続させてもらうことが多いとか。
・ケータイはガラパゴス。テザリングのことなんか、あまり目もくれていない。
・そして、モバイルバックは、なんと私が探したあのバッグと同じメーカーの同じデザイン。みんなやはり結果は似たようなものになるのかな。ただし彼の場合は15インチサイズだ。でかい!
・そしてさらにびっくりすることは、彼の場合、もうひとつ別なビジネスバックに「傘やコード類、書類を入れて、二つのバックを手に持って移動するという。
・肩掛け紐は多用はしていないらしい。
・これの環境で彼は、一日片道6キロの会社への道のりを、歩くという。すごい。一日二時間、毎日12000歩のウォーキング。すごい(@_@)


4)彼の環境に対して、自分の意見を述べてみる。
・とにかく通常のPCでは、立ち上げやシャットダウンに時間がかかりすぎる。落ち着いた客先での長時間商談ならそれもいいだろうが、ちょっと街角で、というにはあまりにもモッタリしているだろう。
・大きすぎる。でかすぎる。重すぎる。すでにノマドやモバイルという範疇を通り越している。
・それほどの重装備を期待している顧客は本当にいるのか。単なる自己満足なのではないか。
・いくらなんでもビジネスバックを二つ持って毎日12000歩も歩くのは、もはや個人的な趣味としか言えない。彼の個人的な嗜好なのであり、私なら遠慮する。

5)つまり、私が自慢したいのは・・・
・とにかくPC本体1キロという「軽量」。これなら、別に業務でなくても、日常的に常帯できる。
・そして「速さ」。CPUの問題ではなく、立ち上がりの速さ。ほぼスイッチオンから10秒で使える。シャットダウンも似たようなもの。さすがSSD。
・そして、「安さ」。私のPCはKD氏のものより安い。なぜなら既成オフィスを入れずにフリーオフィスを入れているからだ。それに、無駄にタッチパネルやメモリー、ストレージを増やしていない。必要十分に抑えている。一般的に、同機能なら15インチより13インチのほうが高価になりがちだが、うまく安価に抑えることに成功している。

6)つまり、私のモバイル環境は「軽い」「速い」「安い」だ。

7)まぁ、しかし、こんなことを「自慢」しても仕方ない。それぞれの嗜好性でなんの問題もないのだ。キチンと業務に対応できればそれでいい。

8)とにかく私はこういうスタイルが好きなのだ、必要なのだ、ということがわかった。そして今日はやっぱり「MonoMax」のバックがほしくなった。インナーバッグにちょうどぴったりサイズなのである。
918jehzhggl

9)これで、だんだんと、またまた自分らしいノマド=モバイル環境が整いつつある。

<31>につづく

|

« 「MonoMax(モノマックス)」 2016年09月号ビームスライツ「BIGバッグインバッグ」 | トップページ | 「AI時代の勝者と敗者」 トーマス・H・ダベンポート <2> »

11)Oh my Love」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パソコン購入ガイド」 2016 100%ムックシリーズ<30>:

« 「MonoMax(モノマックス)」 2016年09月号ビームスライツ「BIGバッグインバッグ」 | トップページ | 「AI時代の勝者と敗者」 トーマス・H・ダベンポート <2> »