« 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<1> | トップページ | 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<2> »

2016/10/05

「48歳からのウィンドウズ10入門」<7>

<6>からつづく

51awdwnh3l
「48歳からのウィンドウズ10入門」 

リブロワークス (著) 2016/4 インプレス 単行本(ソフトカバー): 128ページ 目次
★★★☆☆

<7>プリンター

1)ケヴィン・ケリーがなんと言おうと、やっぱりまだまだ使えるものは、最後の最後まで使いたい。修理、改造、再利用、アップグレード、なんであろうと、モノは大事にしなければならない。使い捨て文化が美徳だなんて、言わせておいてはならない。

2)まずは、古機③の点検から始まった。すでにサポート期間が終わったスタンドアロン機であるが、重要な役割を担っている。いまや会計ソフトはこの古機③でしか動かない。そして、すでに休眠に入っている古プリンターでしか印刷できない。これでは困る。

3)そこで、ネットにつながる最新OSの他機で、専用のドライバーをダウンロードし、メモリースティックで古機③に無事インストール。現プリンターでも印刷できるようになった。これで、形としては、古プリンターは廃棄する準備はできた。

4)この過程で、もうすでにサポートが終わってしまって、ネットにつなげることができないと思っていた古機③は、実は、まだまだ現役で使えることがわかった。まず中間OSにグレードアップすることができるし、必要ならば最新OSにだってアップグレードできるのだ。

5)これは朗報だろうか、凶報だろうか。4台すべてが最新OSになるというのは、なんと素晴らしいことだろう、と思いつつ、会計ソフトのことが気になる。会計ソフトは、古機③が古機として存在してくれていてこそ活動できるのである。最新OSになってしまえば、すぐに会計ソフトはまったく使えなくなる。これは困った。

6)会計ソフトについては現在調査中だが、手元にある旧バージョンを使っていても、まだまだ問題はないし、はっきり言って新しいソフトだからと言って、あまり目新しいことはないのだ。反面、その割に経費は大きくかかる。

7)ここは、おとなしく古機③は古OSに固定して、旧会計ソフト専用にすべきなのだろうか。おそらく新会計ソフトを準備すれば、これから10年は使えるだろう。そうすれば、多少高くても割安になる、というものである。悩む。

8)これを調べる過程で、もうすでに何もなくなっていたと思っていた古機③の内部データは、実は調べてみるとたくさんあった。単純に削除していいものではなかったのだ。だいぶ時間が経過したからこそ、今になって貴重な存在となったデータもある。確認、整理、大量削除が必要である。

9)そして、もっと大発見があった。実は、もうすでに廃棄準備が完了した旧プリンターだが、調べてみると、リペアして復活する可能性も十分あるのだ。そうだろうなぁ。私としては当時として最上位機種を選んだのだ。値段でいけば、現プリンターの10倍はする。プリンターだけはなんとかいいものを買おう、と実に奮発したものだったのだ。

10)これがリペア可能である、というのは朗報だ。メーカーのサポートは一年前に問い合わせた時点で、もう使えませんの一本槍だった。こちらも忙しかったし、メーカーがそういうならそうなのだろう、と思ってはいたのだが、今回調べてみれば、いやいやそんなことはない。まだまだ使える可能性がでてきたのだ。

11)印刷紙のセッティングも2Wayだし、インクタンク数も多く、印刷もきれいだ。厚紙の印刷紙も使えるし、なんと言ってもスキャナー機能が優れているのだ。この機能だけでも残しておきたい一品なのである。

12)ここに来て思わぬ展開である。会計ソフトと古機③の問題はひとまず保留として、旧プリンターの復活の可否が、目下のテーマになりつつある。

つづく

|

« 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<1> | トップページ | 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<2> »

10)FinTech」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「48歳からのウィンドウズ10入門」<7>:

« 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<1> | トップページ | 「<インターネット>の次に来るもの」 未来を決める12の法則 ケヴィン・ケリー<2> »