« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<1> | トップページ | 「FinTechが変える! 」 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス 小林啓倫 »

2016/10/10

「FinTech入門」テクノロジーが推進する「ユーザー第一主義」の金融革命 辻庸介他 

61kldkyvhsl
「FinTech入門」 テクノロジーが推進する「ユーザー第一主義」の金融革命
辻 庸介 (著),    瀧 俊雄 (著) 2016/4/14 日経BP社 単行本
208ページ
No.3799★★★★★

1)穏健的で、誰が読んでも、なるほどね、とわかりやすい一冊。今のところ、この一冊だけを読んでフィンテック理解と言っても、全然おかしくない。むしろ、この本だってかなり革新的で、すぐにこの世界へと移行できる「ユーザー」はいない。

2)逆にいうと、「ユーザー第一主義の金融革命」というサブタイトルはウソになるだろう。これは、ユーザー第一主義という看板を掲げたい、企業や専門家たちファーストの世界観である。

3)かくいう私なぞ、現在のところ、一SOHO経営者として、ずいぶんと使い回してきた会計ソフトを、いよいよバージョンアップするかなぁ、とか、金融業の端くれとして、インステックなどと言われるイノベーションが、いずれやってくるよ、などと業務セミナーの席で驚かされる程度で、実際には、急にはなにも起こらない。

4)著者は二名とも、個人や中小企業向けの会計ソフトを作っていたり、企業のAPIにかかわるコンサル企業を立ち上げている存在で、ある意味、きわめて穏健。このまま、この著書を持っていって、オタクの会社でコンサルや講演をやらせてください、とプレゼンに使えるような、バランスのとれた良き資料である。

5)バランスよく、ブロックチェーンなどにも触れてはいるが、その「革命性」などには躊躇せずに、今は使えない、と単純に切り捨てるだけ。両者とも本音ではないだろうが、そういわざるを得ない。触れないでおいたほうが得策と、遠回りしている感もある。

6)もっとも、フィンテックという語彙には幅があり、このように解釈してもなんの問題もない。こういうものだ、と通り過ぎてしまってもなんの問題もない。

7)日本でも会計ソフトはインストールベースがまだまだ主流で、弥生の「弥生会計」やオービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行」などが知られています。しかし、今後徐々にクラウドサービスを利用する会社が増えてくるでしょう。

 すべてをクラウド化しなくても、請求書発行のような毎月発生する煩雑な作業をクラウド で自動化すると、その便利さを実感できるはずです。p70「企業会計、経営・」業務支援」

8)さりげなく自社の営業活動を刷り込ませている。

9)損害保険で今、注目されているのは、「テレマティクス」と呼ばれる保険です。テレマティクスとは、テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)から作られた造語です。

 自動車などの移動体に通信システムを組みわ会わせて、自動車などから走行距離や運転の特徴、例えば、アクセルの踏み方やブレーキの掛け方などの運転を保険会社に送信し、その情報を基に保険料を算出した保険です。

 既に英国や米国では導入が進み、2020年には、契約件数の約2・3割を占めるのではないかともいわれています。p129「保険」

10)この程度の憶測記事を含ませておかないと、本としては売れない。こんなことも可能ですよ、ということではあるが、外国はいざ知らず、私たちの暮らす日本では、あと数年でこのようになることは、あり得ない。

11)手間と経費を考えれば、むしろ保険料全体が増加する。いろいろ試みやアイディアはあるが、それを一般化するには、日本社会はもうすでにかなり動脈硬化してしまっている。

12)いろいろ難はあるが、フィンテックについて、何か一冊、というなら、この本はよくまとまっている。わかったようなわからないような、一ユーザーという立場では、何を「第一主義」にされているのかわからない一冊。

13)むしろ、「ユーザー第一主義」を掲げる企業や専門家たちにとって、都合のいい未来像を集めた一冊。

14)「革命」的なユーザーは、こういう本に対しては、本当は、大きく怒りをあらわにしたほうがいい。

|

« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<1> | トップページ | 「FinTechが変える! 」 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス 小林啓倫 »

10)FinTech」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「FinTech入門」テクノロジーが推進する「ユーザー第一主義」の金融革命 辻庸介他 :

« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<1> | トップページ | 「FinTechが変える! 」 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス 小林啓倫 »