« 「『走る原発』エコカー」 危ない水素社会 上岡直見<3> | トップページ | 「48歳からのウィンドウズ10入門」<8> »

2016/10/11

「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<4>

<3>よりつづく  

91pfa5homtl
「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき<4>
レイ・カーツワイル 2016/04 NHK出版(編集)  単行本(ソフトカバー) 256p

1)この本を最初に読んだのは10年前の2007年6月。「ポスト・ヒューマン誕生」コンピュータが人類の知性を超えるとき(2007/1 NHK出版)というタイトルだった。読書ブログを始め、図書館の本を手当たり次第読んでいた時代だが、この本にはつよい印象を受けた。

2)その後、カテゴリとして「シンギュラリティ」や「シンギュラリタリアン」などと名付けて、それなりに追っかけをしてみたが、当時はまだ時期至らずで、それほど多くの情報はなかった。したがって、どこか尻切れトンボになってしまったのだった。

3)ところが今年の6月になって、新刊情報に触れて、書店で手に取ってみた。とても懐かしく、うれしかったが、ダイジェストになっているとは言え、やはり難しい本であった。一気に読んだり、簡単に理解することはできない。

4)そして、先日、図書館でも新刊コーナーに入っていたので、借りてくることにした。化学や物理や情報や生物などのことについては、もうお手上げなので、そこそこにスルーして、全体に目を通すだけだった。

5)それでもやっぱり、最後の「私は技術的特異点論者(シンギュラリタリアン)だ」の中の「意識をめぐる厄介な問題」p228あたりは、とても気になるところである。

6)この辺のところはまた、そのうちゆっくりフォローするとしても、ここまでくれば、あとは書き手や読み手としての違いはそう大きくない。人間に立ち返って、とにかく瞑想の中に入っていくだけということになろう。

7)もっとも、今やシンギュラリティ大学での講義の中には、マインドフルネス、という表現で組み込まれているようなので、今後はその範疇にも手を広げて、行きたいと思っている。

<5>につづく

|

« 「『走る原発』エコカー」 危ない水素社会 上岡直見<3> | トップページ | 「48歳からのウィンドウズ10入門」<8> »

10)FinTech」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<4>:

« 「『走る原発』エコカー」 危ない水素社会 上岡直見<3> | トップページ | 「48歳からのウィンドウズ10入門」<8> »