« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<2> | トップページ | 「WIRED (ワイアード) VOL.1 」特集OUR FUTURE テクノロジーはぼくらを幸せにしているか?<5> »

2016/10/18

「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない」 マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 ラス ハリス

61avaz0lijl
「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない」 マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門
ラス ハリス (著), 岩下 慶一 (翻訳) 2015/12筑摩書房 単行本: 284ページ
No.3804★☆☆☆☆

1)マインドフルネスという単語がバズワードとして飛び交っている。当ブログもある思惑から、この言葉を手繰り寄せてみようと思っている。結局は「WIRED」のセンスでもって、マインドフルネスとはどうか、というところまで行こうとしているわけである。

2)とりあえずわが最寄りの図書館の蔵書を検索してみると、かなりの冊数があり、しかもそれぞれが人気本だ。いまさら予約しても、私の番がめぐってくるのはだいぶ先になりそう。

3)そこでまずは予約ゼロの「不人気本」から読み始めることになった。

4)だから経緯から言って、この本が面白い確率は低い。あまり読まれていない本なのだ。そう分かってはいるのだが、いざ開いてみると、この小さな本を完読するのは難しい。タイトル、サブタイトル、中身、それぞれが、どうもこちらをオープンにしてくれない。

5)実は、この手の本は、昔からずっとあるのだ。この手の本をさがせない時期などなかった。常に亜流のサードパーティが活躍する。そしてその余地は常にある。

6)なぜなら、人間は生まれ続け、幼児は少年になり、少年は青年となり、人生の壁へと招き入れられるからだ。人間が新陳代謝として生まれ続ける限り、この手の本は消えてなくならない。

7)もし、若い層がこの本を手にとって、夢中になっているとしたら、私には何もいうことはない。がんばれ、と声援を送るのみだ。

8)しかし、キミがこの本を手に取って、あれ変だな、ちょっと違うな、と思うのだったら、私はキミの感性と知性を支持する。少なくとも、この手の本は他にもたくさんあり、しかも有益さにおいては、はるかにこの本を凌駕する本が山ほどある。

9)私は私なりに探検し、ある意味、その答えを知っている。

10)しかし、今は、あえてその答えを即答するのは避けておこう。問題は、その答えを見つけることになるのではない。その答えを探して彷徨うことにこそ意味があるのだ。キミにはキミの回答がある。

11)この本にキミの回答を見つけたのなら、それはそれでいいのだ。それ以上のことはない。おめでとう。だが、もし、いずれこの本に不満足になるのだったら、それはそれで、キミはかつてのオメデタイ自分に気づいたことになるのであり、それは成長したことを意味する。

12)マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門、などというまがい物に迷ってはいけない。

 

|

« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<2> | トップページ | 「WIRED (ワイアード) VOL.1 」特集OUR FUTURE テクノロジーはぼくらを幸せにしているか?<5> »

10)FinTech」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188521/68003554

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない」 マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 ラス ハリス:

« 「さよならインターネット」 まもなく消えるその「輪郭」について 家入一真<2> | トップページ | 「WIRED (ワイアード) VOL.1 」特集OUR FUTURE テクノロジーはぼくらを幸せにしているか?<5> »