« 「WIRED VOL.23」特集 GOOD COMPANY いい会社<1> | トップページ | 「血の轍」 ボブ・ディラン »

2016/10/25

「WIREDVOL.22」BODY & HEALTH 病気にならないカラダ ようこそ! 未来のウェルネス

Vol221
「WIREDVOL.22」BODY & HEALTH 病気にならないカラダ ようこそ! 未来のウェルネス
WIRED編集部 (編集) 2016/04 コンデナスト・ジャパン 雑誌 不定期刊版  WIRED関連リスト 
No.3816★★★★☆

1)最近、片目に飛蚊症なるものが現れた。そのうち取れるだろう、と期待していたが、年に一度の健康診断のさい聞いたところ、これはもう元には戻らないのだという。

2)その原因は何なのか。それは単に老化なのだという。聞いてみると、人知れず周囲の友人や仲間たちもみんなすでに「患って」いる。ああ、そういうことだったのか。私は目の老化には気づいていたが、まともに手元鏡も作らないで今日まできてしまった。

3)思えば、目も見えなくなってきたし、耳もなんだか痒いやらムズムズしだしてきている。歯はお恥ずかしながら、入れ歯がないと飯もまともに嚙めなくなった。血圧降圧剤を渋々飲み始めてから一年ちかく。これからだんだんと老齢へと向かうのだ。

4)毎号毎号、新しい世界を見せてくれるこの雑誌に対する、一読者としての対応法がすこしづつ分かってきた。ちょっと意識していたとは言え、まずはその編集長の動向が気になっていたのである。そしてその編集長としての若林恵の約1ページ分の巻頭言が優れている。

5)読者としての私は、まずはこの巻頭言に対応する姿勢を取ればいいのだ。そしてほとんどの場合、この巻頭言は、対峙するというよりも、同調することのほうが多い。おお、そうそう、そうなんだよなぁ、同輩。そういいたくなる。

6)特集されている雑誌は、それこそジャーナリズムなのだから、ありていのことばっかりじゃ、売り物にはならない。あれこれ新奇なことどもで彩られている。されど、同輩、私たちの日々は、そうそう、ここにある。

7)レイ・カーツワイルのように、自分の体の交換可能な部分はどんどん人工物で交換していって、最後は頭脳までAIに入れ変えたとして、最後の「意識」はどうもならないだろう、意識こそは自分、意識こそは人間そのものだ、などと合点している場合ではない。

8)たしかに歯がなくなれば入れ歯を作ろう、目が見えなくなればレンズを当てよう。足腰が弱れば歩行器を準備しよう。いずれは自力生活がムリになれば、ロボット介護も必要になるかもしれない。

7)されど、幸いにして、自分が自分であることを認識できている限り、「意識」こそは人間そのものである、そのような話題にいつかこの雑誌も収斂していく日が来るだろう。

|

« 「WIRED VOL.23」特集 GOOD COMPANY いい会社<1> | トップページ | 「血の轍」 ボブ・ディラン »

10)FinTech」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「WIREDVOL.22」BODY & HEALTH 病気にならないカラダ ようこそ! 未来のウェルネス:

« 「WIRED VOL.23」特集 GOOD COMPANY いい会社<1> | トップページ | 「血の轍」 ボブ・ディラン »