« 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<7> | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<9> »

2016/11/07

「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<8>

<7>よりつづく  

91pfa5homtl
「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき<8>
レイ・カーツワイル 2016/04 NHK出版(編集)  単行本(ソフトカバー) 256p

1)実際に作り出して分かったこと。

・おおざっぱな素材だけではなく、細かい素材も必要だということ。

Img_6935

・納豆のパッケージなどは大いに役にたつ。納豆パッケージを歯に見立てるところから全体が始まった。

・頭骨などは、うどんのような丸い、球のようなものがふさわしい。しかし廃材アートであるかぎり、あえて模型目的で買うのはやめよう。いずれ出てきたプラスチックごみの中から探すのである。

・ハサミで簡単に加工できるが、セロテープだけの仮止めではもちろん十分ではない。素材の洗浄の状態からか、なかなかテープが張りつかないことあり。

Img_6943

・大きさはまあまあだが、今後はよりスケール観を出すためには、もっと細かく尺出しをしたほうがいいだろう。

・テープでの仮止めだけでもまずまずだが、これをキチンと瞬間接着材などで固定すれば、それなりに、アートになるのではないだろうか。

・ただその場合、発砲スチロールが解けるかもしれないので、薬剤選びも大切になってくるだろう。

Img_6947

2)とにかく試作品を作ってみて思ったことは、人体には直線はない、ということだ。すべて球面、球体、波線だ。しかも同じパターンの繰り返しではない。

3)それに対し、なんと発砲スチロールのデジタルなことか。感情を一切廃したようなクールさで存在するのが発砲スチロールだ。

4)人体の、あるいは生命のアナログと、工業製品のデジタルのせめぎあい。

5)廃材アート「シンギュラリティ試作品0.01」と名づける。

<9>つづく

|

« 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<7> | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<9> »

09)イノヴェイション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<8>:

« 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<7> | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<9> »