« 「スマホが神になる」 宗教を圧倒する「情報革命」の力 島田裕巳 | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<11> »

2016/11/10

「WIRED VOL.25」/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える<5>

<4>からつづく    

51whunwvytl
「WIRED VOL.25」/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える<5>
2016/10 コンデナスト・ジャパン 雑誌  不定版
WIRED関連リスト

1)うとうと寝ていた。隣のアパートの取り壊しが始まり、ショベルカーがガーガー音を出しながら作業している。ふと物音に気が付くと、なんと、私の住んでいる家の隣の窓に作業者のショベルが突っ込んできている。

2)オイ、オイ、お~~い、ナニやってんだろう。間違いだろう、こっちはまだ寝てんだぞ。なんで壊すんだよ。飛び出していって、監督男に談判する。

3)すぐ間違いを認めたが、もう壊れ始まった建物はどうするんだよ、と抗議するが、拉致があかない。大家に電話しなくちゃ、と思っていると、すでに他のスタッフが大家とケータイで連絡とっている。

4)もれ聞こえてくるところによると、大家は困っている風でもなく、事務的に聞いている。ああ、ひょっとすると、あの人は、むしろ古くなった建物をぶっ壊してもらって、賠償金で新しい建物を建てよう、としているのではないだろうか。

5)ああ、あいつらしいなぁ。さもしい。

6)と、思っていると、「いつまで寝てんの、朝ですよ~~」と、女房殿が洗濯物を持ってベランダに挙がってきた。あ~、夢か。

7)トランプ大統領出現、の影響で、こんな夢みたかな。

8)さて、WIRED誌はこのような政治について、どう考えているんだろう、とググってみると、どうやらクリントン支持ではあったようだ。

超長文ではあるが、いつリンクが切れるかわからないので、全文コピーしておく。

ーーーーーーーーーーーー

9)WIREDはオプティミズムを支持する:『WIRED』US版がヒラリー・クリントン ...

WIRED』US版は、大統領選において、
これまで一度も特定の候補者を支持することはなかった。
だが、編集長スコット・ダディッチは、今回の選挙で、
あえて、その禁を犯すことを選んだ。彼は言う。

その職務を遂行できる大統領候補は
ひとりしかいないと考える。ヒラリー・クリントンだ

なぜ本家『WIRED』は、ヒラリーのエンドースをするのか。
いや、そもそも、なぜ、今回あえて、
特定の候補者をエンドースすることにしたのか?
ダディッチ編集長自らが綴った、岐路に立つアメリカへの危機感と
『WIRED』というメディアの立ち位置、そして、その役割。
(原文初出は
『WIRED』US版2016年8月18日

WIRED』は一度も中立であったことがない。

四半世紀近くもの間この組織は、未来を考えるとき、ある視点を常に大事にしてきた。未来はすでにここにある。ただ均等に配分されていないだけだ。作家のウィリアム・ギブスンがかつて語った言葉通りであるならば、わたしたちの任務は現在へと吹き出した未来の芽を見つけ出し、それが希望を託していいものかどうかを特定することだ。

未来はすでに
ここにある。
ただ均等に配分されて
いないだけだ」

WIRED』の設立者のルイス・ロゼット、ジェーン・メトカーフ、ジョン・プランケット、そしてケヴィン・ケリーはみな、シリコンヴァレー特有のオプティミスティックなリバタリアニズムの気風を支持してきた。彼らが支持した未来は、初期のインターネットが体現しようとしていた未来だった。自己組織化していくネットワークが古いヒエラルキーにとって変わる未来だ。政府なんていうものは、まさにそのような非効率的なレガシーシステムのひとつで、多く場合、それは邪魔者でしかなかった。

過去20年ほどの間に、わたしたちは、当時思い描かれていた未来が現実になるのを見てきた。かつてなら可視化されることのなかった無数のコミュニティから創造力が解き放たれたのを目撃してきた。と同時に、そうしたネットワークが、昔ながらのヒエラルキー組織と同じように少数の人の手中に富と影響力を集中させることに長けているということも見てきた。

ギークが億万長者となり、暴君がハッカーとなり、そしてわたしたちの読者(テクノロジーがどのように世界をかたちづくるのかに興味のある人々)が、米国においてメインストリームとなるのを目撃してきた。思慮のあるシンカーたちなら必ずそうするように、さまざまな判断を状況のなかでキャリブレートしてきた。

 

 

|

« 「スマホが神になる」 宗教を圧倒する「情報革命」の力 島田裕巳 | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<11> »

09)イノヴェイション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「WIRED VOL.25」/特集 The Power of Blockchain ブロックチェーンは世界を変える<5>:

« 「スマホが神になる」 宗教を圧倒する「情報革命」の力 島田裕巳 | トップページ | 「シンギュラリティは近い」エッセンス版―人類が生命を超越するとき レイ・カーツワイル<11> »