« 「古代一木彫像の謎」仏像の樹種から考える―成城学園創立100周年記念シンポジウム報告書 金子啓明他<3> | トップページ | 「2001年宇宙の旅」講義 巽 孝之 <3> »

2017/01/27

「2001年宇宙の旅」 アーサー・C・クラーク <2>

<1>からつづく

20011_2
「2001年宇宙の旅」
アーサー・C・クラーク (著),    伊藤 典夫 (翻訳) 1977/05 早坂書房 ハヤカワ文庫SF) 文庫  p270

Img_8360

 地球でさえ、この方向へすでに何歩か進んでいるのだ。以前なら死んでいるはずの何百万もの人びとが、人工四肢、人工腎臓、人工肺、人工心臓のおかげで、今でも幸福で活動的な暮らしをしている。

 この過程の行きつくところは----それがどれほど常軌を逸したものであろうと----一つしかない。

 最後には、脳髄さえ消えていくのだ。意識の着床する場として、それは絶対的なものではない。電子知能の発達が証明している。精神と機械の対立は、やがて完全な共生という永遠の妥協で終わるだろう・・・・・・・。

 しかしそれが終局だろうか? 神秘主義に傾いた少数の生物学者たちは、さらにその先へ進んでいた。多くの宗教にある信念を手がかりに、彼らは精神もいつかは物質の束縛を逃れるだろうと推測した。

 人工身体も、血と肉の身体と同様に、別の何か、遠いむかし、人びとが「たましい」と呼んだものへの踏み石にすぎないのかもしれない。

 そして、その先にまだ何かがあるとすれば、それは神以外にあるまい。p208「32 ETについて」

Img_8358

<3>につづく

|

« 「古代一木彫像の謎」仏像の樹種から考える―成城学園創立100周年記念シンポジウム報告書 金子啓明他<3> | トップページ | 「2001年宇宙の旅」講義 巽 孝之 <3> »

08)Mindfulness in the Modern World」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「2001年宇宙の旅」 アーサー・C・クラーク <2>:

« 「古代一木彫像の謎」仏像の樹種から考える―成城学園創立100周年記念シンポジウム報告書 金子啓明他<3> | トップページ | 「2001年宇宙の旅」講義 巽 孝之 <3> »