« 「2017年版間違いだらけのクルマ選び」 島下泰久<2> | トップページ | 「55歳からのフェイスブック入門」小川和也 <3> 「60歳からのフェイスブック 」今からはじめるソーシャルライフ  今 陽子<2>「Facebookお得技ベストセレクション」お得技シリーズ004 <4> »

2017/01/30

「人類を超えるAIは日本から生まれる」 松田 卓也

81c5fqjvcl
「人類を超えるAIは日本から生まれる」
松田 卓也 (著) 2015/12 廣済堂出版 新書  207ページ
No.3873★★★★★

1)あり手な本だが、読者の心をぐっとつかむ。出版社は廣済堂。新書版本の、ゾッキ本の一種に数えられそうな一冊だが、専門でもなければ、特段にこのテーマだけに関心があるわけでもない私などには、ちょどいい量であり、質であり、結論である。

2)書き手は1943年生まれの宇宙学者、大学の名誉教授ということだから、中途半端なサイエンスライターもどきが書いた本ではない。それそこそこに信ぴょう性のある一冊と言っていいだろう。もちろん、細かいところの検証はできない。

3)将来の超知能は、芸術や文学も含め人間の創造活動はなんでもできるようになるでしょう。たとえば、五七五という形式が決まっている俳句のようなものは、とても簡単です。ちなみに、現在でもSiriに「俳句をつくって」と言うと、「俳句など 詠めはしません 悪しからず」などと返してきます。p125「芸術分野でも人類を圧倒」

4)う~ん、うまい。拍手。ちなみに私もSiriに頼んでみた。

iPhoneを 貸してくれろと 泣く子かな 

iPhoneの 十四五台も ありぬべし あの、ちなみに、iPhoneは秋の季語なんです。 

iPhoneで 遊べや親の ないすずめ 

クラウドや ああクラウドや クラウドや 

荒海や 佐渡に横たふ iPad mini 

手にはiPhone MacBook Air iMac 

閑さや 部屋にしみ入る Siriの声 

手にはiPhone Apple Watch Mac  Pro 

春眠や 顔面殴打 iPad 

さまざまの こと思い出すiPhoneかな うーん、字余りですねぇ。 

手にはiPhone Apple TV iPad

5)なるほど~~。秀作ぞろいですねぇ。なんてオダ上げていてはいけない。この俳句ではまだ人類を圧倒しているとはいえないだろう。ましてや、これは確かにSiriが受け答えしているが、作者は人間そのものだろう。裏で人間が作ってセットしているものをSiriがリピートしているだけだ。Siriが作ったわけではない。

6)作風も、Apple社製品を織り込んで笑いを取っているだけで、すぐ飽きてしまうだろう。本当にSiriが自分で俳句を詠んで、iPhoneを持つ人間を識別して心にしみてくるような句を吐くようになったら、う~~ん、やっぱりその時はシンギュラリティかなぁ・・?

7)汎用人工知能に意識は必要でしょうか? 人工知能が意識を持つかもたないかは、しばしば注目を集める問題です。(中略)

 意識をもつ/もたないは、あくまでも哲学的な観点です。より実務的な観点に立てば、科学研究などの知能活動に利用するうえで、人工知能に意識が必要とは考えられません。

 人工知能が意識をもつと、むしろいろいろと具合が悪いことが出てきます。人工知能脅威論というのは、まさに人口知能が意識をもつことを前提にしています。人工知能が意識をもつとは、悪意をもつかもしれない、ということですから。

 また、人工知能に意識をもたせるにはどうすればいいのか、現在のところは見当もついていません。技術的に極めて難しいことなのです。「それならば、当面は意識の問題はおいておきましょうい」というのが、現実的な立場だと言えるでしょう。p134「人工知能に意識は必要か」

8)上の文意に異論はないが、ここで言われているのは、意識の中の意志の部分であろう。意識についての論議は半端じゃないし、おそらく、意識は人間だけが、しかも本当に覚醒している人間だけが持っているものであろう。

9)この本のタイトルは、この出版社からでる限りしかたないだろうと思うが、それでも、巻末の対談なんかを読んでいると、日本のモノづくりってすごいなぁ、と納得する。別に日本じゃなくてもいいのだが、日本というもの特性を教えてくれているのは確かだ。

|

« 「2017年版間違いだらけのクルマ選び」 島下泰久<2> | トップページ | 「55歳からのフェイスブック入門」小川和也 <3> 「60歳からのフェイスブック 」今からはじめるソーシャルライフ  今 陽子<2>「Facebookお得技ベストセレクション」お得技シリーズ004 <4> »

08)Mindfulness in the Modern World」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人類を超えるAIは日本から生まれる」 松田 卓也:

« 「2017年版間違いだらけのクルマ選び」 島下泰久<2> | トップページ | 「55歳からのフェイスブック入門」小川和也 <3> 「60歳からのフェイスブック 」今からはじめるソーシャルライフ  今 陽子<2>「Facebookお得技ベストセレクション」お得技シリーズ004 <4> »